西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

二世帯住宅を注文住宅で建てるメリットとは?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/09

西東京には、夫婦のみの暮らしではなく、二世帯での住まいを考える方々もいます。

もちろん、建売住宅を選んでもよいでしょうが、せっかく選ぶならば完全自由設計を選ぶことがおすすめです。

そのメリットは、安心した暮らしのみならず、金銭のサポートを得られたり、将来において孫にもよいことがあるようです。

 

お互いを尊重できる空間づくりがメリット

どこまでも自由設計できるのが、注文住宅で建てるメリットです。西東京においても、フルオーダーの注文住宅を建てることが可能で、さまざまなタイプの建築家による家づくりが提案される、そうした住宅メーカーに依頼しましょう。

第一に、家族構成で考えるのも注文住宅のなせるワザです。好みを反映させた間取りには、こどもと一緒に食事の用意ができるようなキッチンが欲しい、みんながリビングに集まるようにしたい、将来間取りを変更できるようにしたいなどが一例です。

その暮らしを実現するには、家族構成がキーワードになり、二世帯住宅がよい例です。二世帯住宅を注文住宅で建てるメリットは、そこで暮らす家族の好みを反映させた間取りを実現できるという点です。

ただ、注意しておきたいのは、現実とかけ離れた家ができてしまわないように、家族にマッチした家を建てることです。まずは、家族構成を把握し、どのような間取りの家が必要なのかを整理しましょう。

また、将来的に親との同居を考えている場合は、二世帯住宅として機能する構造を考えておきましょう。ですから、平屋よりも二階建て住宅がおすすめです。

二世帯住宅の基本は、完全同居型、適度な距離感がある同居型、共用なしの別々同居型の三つになります。たとえば、親が敷地を持っているのなら、そのポテンシャルを最大限活かすことのできる住まいに仕上がります。

注文住宅だからこそ、家族それぞれの個性が感じられる空間もつくることができます。ちなみに、二世帯住宅というのは、建ててからがスタートともいわれています。親子での二世帯住宅ならば、親世帯の敷地で息子(娘)夫婦と一緒に暮らすことになるでしょう。

適度な距離感の同居ならば、気兼ねもありません。距離をとるなら意味がないように感じますが、それでも二世帯住宅にするメリットは、資産価値にもあるようです。

特定のデザインだけでなく、いろんなデザインへの対応ができます。耐震・制震についても西東京の住宅メーカーならば幅広く対応してくれます。五年かけて住みやすくなり、さらに十年かけて自然素材が馴染む、そして住みやすくなるころには土地の価値も高まっている可能性さえあります。完全なる分離型であれば、お互いのライフスタイルを尊重できます。

また、メリットは安心を感じられる点にもあるでしょう。たとえば、親世帯にはホッと落ちつく畳があれば嬉しい、そうした声も聞かれますし、子世帯には可変性のあるオープンルーム、ゆとりのあるサービスバルコニーなど、世帯ごとの好みを反映させることができます。共用なしでも安心感がある理由としては、既存の庭の緑を眺め、同じ景色を共有できる楽しみがあるからです。

世帯ごとの独立性をキープしながらも、外の環境を共有できるので、たとえば、泥棒を寄せつけない防犯対策も可能でしょう。どちらかが家にいるのなら、空き巣などの被害もないはずです。

 

素材にとことんこだわれるのがメリット

二世帯住宅を注文住宅で建てるのなら、空き巣や泥棒の被害がないことがメリットです。庭だけを共用するにしても、芝ではなく砂利を敷けば、足音がするために、泥棒は退散するようです。このように、素材品質にこだわることができる点もメリットでしょう。

もちろん、化学物質を最小限まで抑えた家づくりがおこなわれていますが、さらに突き進めた無添加住宅にすることも可能なようです。

また、親世帯にとってはバリアフリーや健康配慮もメリットになるのではないでしょうか。一般的に、健康障害を引き起こす原因の半分が、住環境の問題なのだそうです。その多くが、疾患やアレル物質ともいわれています。親世帯のみならず、こどもも健康的に過ごせる家というのは、暖かみがあり、快適であり、空気がキレイでアレルギーの心配がない性能です。素材選びから追求できるのであれば、健康寿命までがのばせる可能性さえ、おおいにあるのではないでしょうか。

シックハウス、その原因が家具や建材から発散される「ホルムアルデヒド」にあることが報告されています。こだわりが強いのなら、内装材の施工用接着剤や塗料、しろあり駆除剤などにも対策ができるでしょう。通常ならば、住宅メーカーにすべてを任せるので、健康と環境性能に配慮した家づくりができます。

 

資金繰りなどの金銭に関してもメリットがある

家づくりにはスケジュールもポイントになります。専門知識が必要なうえに、おこなうこと、決めるべきこともたくさんです。ホームエンジニアが暮らしについて聞いてくれてから入居までには、契約金、諸経費の支払いもあります。意外にも、こうした諸経費にお金がかかっています。

予算をたててから、いつまでにいくら準備するかも調べておかなければなりません。建物費用というのは、スケジュールによって支払い期限が異なります。

手持ちがないのなら、銀行から借りるのが一般的です。しかし、親あるいはこどもらが現金を用意できる、そうした余裕も二世帯ならではのメリットでしょう。資金計画に関してもメリットが多いようです。ムリのない返済でなければならず、家族のライフスタイルに適したマネープランニングが必要になります。

二世帯住宅により将来の相続にも備えることができるのです。それが相続税・贈与税などです。住まいづくりの資金を贈与という内容で調達することができます。

注文住宅の家を建てるにも、費用が問題です。あくまで西東京の平均値ですが、30坪で建物本体工事費の坪単価は80万円、総予算では2.500万円くらいです。もちろん、注文住宅のため、同じ坪数でも3.000万円超することもあるようです。

地価の高いエリアで土地を相続すると、課税対象にもなります。実例には、課税対象を4.000万円も減らすことができた家族もいるようです。親世帯から資金を援助してもらう、こうした点もこだわりが強いだけ、コスト高となる住宅ではメリットではないでしょうか。

 

二世帯住宅をフルオーダーで建てるメリットは、税金対策だけではありません。お互いのライフスタイルを崩すことなく、適度な距離感をとることができます。壁や床を隔てて住まいを共用していることもあって、安心感もあるようです。また、親子世帯での同居であれば、資産価値もメリットになるでしょう。孫に資産をつくってあげることもできます。また、健康寿命をのばすなど、こだわりの建材を選ぶことまでができ、満足度も高いようです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
第5位 カツマタ
記事一覧