西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

注文住宅での防音設備費用はどのくらい?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/05/07

一戸建て住宅の魅力は数多くありますが、プライバシーが守られるというのも大きなメリットです。より自由で快適な暮らしを実現させるためにも音漏れの少ない部屋にするのが良いでしょう。注文住宅なら自由設計のメリットを生かした思い通りの防音室を実現させることができます。

快適な住環境を保つためにも注文住宅を選ぼう

住む人全員が快適と感じられる家を建てるのは簡単ではありません。夢のマイホームを実現させるためには家族のライフスタイルについて話し合いの場を積極的につくることが必要です。

そして住まい選びでは非常に多くの選択肢の中から選ぶことになります。中でも新築一戸建て住宅を希望する場合には最後まで費用のことが問題になることがあります。

住宅の購入は決して安いものではなく、途中でモチベーションが下がってしまう人も少なくありません。しかし各選択肢をきちんと見ていくと、選択の仕方によっては費用を抑えながらも満足のいく家を建てられることが分かります。

まずは住宅の購入に対する思い込みなどを全て取り払ったうえで自由な発想で考えることが必要です。なかなか決められない人は近くの住宅展示場を訪れてみましょう。建ち並んだモデルハウスはどれも魅力的で、すぐにでも入居したくなるものばかりです。

いくつか見学している内に理想の家に近いものが見つけられるはずです。新居での生活をイメージしやすいので、新しいアイデアが浮かぶかもしれません。さらに住宅展示場では説明会などを頻繁に実施しているので、これを機会に建物についての基本的な知識を学ぶことができます。

そしてできるだけ理想に近い家づくりをしたいなら、注文住宅を選ぶのが適しています。注文住宅は高いというイメージを持つ人がいますが、必ずしもそうとは限りません。狭い土地や変形地でも対応できるうえに予算の配分のしかたによっては分譲住宅とあまり変わらない費用で建てることが可能です。

さらに自由設計なので好みの外観デザインや生活導線を考慮した暮しやすい間取りを選ぶこともできます。注文住宅は住み替えたいけど、できるだけ住み慣れた土地を離れたくない人に向いています。

そして注文住宅での家づくりをするなら、どうしてもこだわりたい部分をあらかじめ明確にしておくことが大切です。中でも音漏れの少ない防音性の高い部屋を選ぶのも良い考えです。

一般的に一戸建て住宅の場合にはマンションやアパートとは違い、生活音などのことで住人とのトラブルになることはほとんどありません。プライバシーが守られているので周囲のことを気にせずにのびのびと暮すことができます。

しかし楽器の演奏などを趣味にしている人は別です。特にピアノのレッスンなどでは近隣の住民から苦情がくる可能性もあります。

さらに一戸建て住宅を購入する人の中にはペットとの暮らしに魅力を感じる人も多いでしょう。しかし犬などのペットは小型でも大型でも鳴き声が迷惑になることがあります。誰かが訪問する度に聞こえる鳴き声に不快さを感じる人もいます。

このような問題に対して後から防音効果のあるものを設置するという方法がありますが、大きな効果は期待できません。中にはリフォームすれば良いと考える人もいますが、はじめから設計したものと比べ、2倍以上の費用がかかることもあります。設計の段階から業者と相談したほうが安い上に確かな効果が得られます

適正な料金で目的に合う防音工事をしよう

音の漏れない部屋にしたいなら、地下室をつくるという方法もあります。容積率も緩和されるので条件によっては大きなメリットがあります。

コンクリートを流し込んだ地下室は音を防ぐ効果が期待できますが、除湿や電気などの設備を設置しなければなりません。さらに排水ポンプの設置や地盤改良工事費用が高額になるケースもあります。地下室を作るには坪あたり約50万円が相場となりますが、場合によっては防音工事よりも費用が高くなることがあります。

音漏れを防ぎたいだけなら地下室をつくるよりも、はじめから部屋の施工を考えたほうが無難です。防音室は遮音性能によってグレードが違い、グレードが高くなれば費用も高くなります。

大きな音のするパチンコ店や工場での音は一般的に80デシベルから100デシベルほどですが、これらの音を遮るには高いグレードの設備が必要です。読書をするための部屋とピアノやギターを演奏するための部屋とでは費用に大きな差がでるので、あらかじめ利用目的をはっきりさせておきましょう。

一般的に書斎の防音工事には約100万円の費用がかかりますが、楽器の演奏ができる部屋となると約200万円以上の費用が必要です。これらの費用を目安とすれば適正な費用で工事をすることができます。

優良な防音工事会社を探して依頼しよう

防音工事はハウスメーカーや工務店でも相談に応じてくれます。しかしこのような工事には専門的な技術が必要になるため、他の業者の紹介という形になるのが一般的です。数多くの防音工事会社があるので、信頼できる業者を見つけることが必要になります。

音は住環境により伝わり方や感じ方が大きく異なります。最適な設備とするためには床から天井までの高さや壁の中の配管まで測定し、建物の構造や道路からの騒音なども考慮しなければなりません。

このような徹底した調査をおこなえば適正なグレードの防音室を完成させることができます。そして優良業者はこちらの要望や意見に熱心に耳を傾けるので、コミュ二ケーションが取りやすく感じられます。

もし業者の説明に理解しにくい点や納得のいかない場合には別の業者にも相談してみましょう。そしてできるだけ多くの業者から見積もりを取って比較検討することが必要です。もしどうしても業者選びで迷ったら、インターネットを利用して各業者の評判をチェックします。

中でも居住地の周辺で営業している業者を対象とした口コミサイトや人気ランキングサイトを利用するのが便利です。これらのサイトでは実際に工事をしてもらった人の感想や意見を知ることができるので、選ぶ際の参考になります。

常に高い評価を受け続けているところなら、高額な費用を請求してくるような悪徳業者も避けられるので、安心して工事を任せられます。

 

注文住宅ならライフスタイルに合う理想的な家を建てるのも夢ではありません。まずは新居での暮らしをイメージすることからはじめましょう。

そして一般的に一戸建て住宅ではマンションなどのような生活音に対しての配慮は不要です。しかし楽器の演奏やペットの鳴き声は近隣の住民に迷惑になることも少なくありません。

注文住宅なら周囲に気遣うことなく自分の趣味に没頭できる音漏れの少ない部屋をつくることもできます。そのような部屋を希望するなら、設計の段階で必要な工事をすることが必要です。

その際、ハウスメーカーや工務店に依頼するよりも専門の業者に相談しましょう。防音工事のノウハウを熟知しているので予算や目的に合う部屋をつくることができます。まずは工事にかかる費用についての相場を知ったうえで信頼のおける業者を探すことが先決です。

優良な業者なら綿密な調査をしたうえで、こちらの目的や予算に合う適切なプランを提案してくれます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
一条工務店の画像
住まいの友和の画像
第5位 カツマタ
カツマタの画像
記事一覧