西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

ペットが住みやすい注文住宅を建てるには?

ペットを家族の一員として迎える家庭は増えてきています。

最近は、犬も猫も共に室内飼いの傾向が高く、そのため、人間もペットもストレスを感じることなく共生できる住まいづくりが重要になっていると思います。

ここでは、愛犬や愛猫と楽しく暮らすための家づくりについてまとめました。

 

愛猫や愛犬を危険から守る工夫を考える

家の中を見回すと、動物にとって危険な箇所は意外に多いものです。たとえば、キッチンは火を使うので愛猫や愛犬にまとわりつかれたら危険な場所ですし、玄関もドアが開いていれば自分から出て行ってしまう可能性もあるでしょう。

このような危険を事前に防止するには、ペットフェンスの設置が有効になります。おもに家族と2階で過ごすという場合には、ペットフェンスを階段の降り口に取り付けておいても良いでしょう。また、ベランダは落下の恐れがあるため、隙間の狭いフェンスを取り付けておくとより安心です。

バスルームも事故が起こりやすい場所なので、開けにくいような工夫が必要になるでしょう。引き戸や内開きタイプのドアにすれば勝手に開けることができないのでおすすめです。

犬や猫の足の裏にある肉球はとても敏感な箇所です。なので、なるべくやわらかい肉球に負担をかけないようにする必要があります。階段や段差をゆるやかに設置しておけば、飛び降りたときの肉球の負担を減らすだけでなく、私達人間が年をとった場合の足腰への負担も抑えることにもなります。愛犬や愛猫だけでなく、人間にも大きなメリットがあるのでおすすめです。

また、住宅の床材にも注意が必要でしょう。一般的なフローリング材はワックスをかけると滑りやすく、骨折など、愛猫や愛犬のけがの原因にもなりかねません。おすすめはコルク材の使用や、ペット用のコーティングです。安全で、しかもキズになりにくいものが最良であるといえるでしょう。

また、壁は汚れに強い素材がふさわしいですが、ペットの高さに合わせた腰壁もおすすめです。万が一、汚れやキズがついても腰壁部分だけの修理で済みます。

ペットを長く飼育していると、ときには買い物や仕事などでどうしてもお留守番をさせることもあるでしょう。その場合には、人間の目が届かない分、環境に十分な注意をしておく必要があります。特に大切なのが室内の温度調節で、特に真夏や真冬はエアコンの使用が不可欠だといえるでしょう。太陽光のあたたかさを取り入れて外に熱を逃がすパッシブデザインのような、自然エネルギーを活かした技術を取り入れれば光熱費のコストダウンになるのでおすすめです。

 

犬にとっての快適な暮らしを考えておこう

飼い犬の特徴としては散歩が必要なことがあげられるでしょう。適度な運動や排せつのためには、愛犬を外に連れ出す必要があります。毎日のことですから、なるべく手間のかからないように、玄関にはリードなどを収納できるスペースがあると便利に利用できます。

そして、是非作っておきたいのが犬の足を洗う場所です。設置場所としては、玄関か勝手口の横などがふさわしいといえるでしょう。蛇口の下に水を溜められるシンクを作っておけば、犬の水飲み場としても利用することができます。少し大きめのシンクにすれば、暑がりの犬のための水浴び場としても使うことができるでしょう。

また、室内と外を結ぶウッドデッキを設ければ、ワンちゃんの運動にめりはりが出ますし、家族とともに楽しく過ごすことができます。ハンモックで一緒にのんびりしたり愛犬連れの友人や子どもたちとバーベキューパーティを楽しむこともできます。

また、庭にドッグヤード風な空間を作っておくのもワンちゃんの運動不足を防ぐことができるのでおすすめです。リードをつけずに思い切り気兼ねなく遊ばせることができるのは、飼い主にも愛犬にとってはとても幸せなことだといえるでしょう。お散歩デビュー前の子犬やシニア犬の遊び場としても活用することができます。

犬は特に家族と過ごすことを好むので、リビングにはワンちゃん専用の居場所を作ってあげることも良いと思います。そして、リビングのちょっとしたスペースに、エサやおもちゃを収納できるような場所を作っておけば、家族の誰もがお世話をすることができるので便利です。

子どもも自然にペットのお世話に参加することができます。また、犬の場合には鳴き声もとても気になるものです。外部への音漏れは近所迷惑にもなりかねないので注意しましょう。高性能サッシやシャッターを使用すれば、多少の無駄吠えも気になりません。

 

1日中家で過ごす猫のための住環境を考えよう

かつて、飼い猫は家の中と外とを自由に行き来させていましたが、最近は猫エイズなどの感染症や交通事故などの問題から室内飼い推奨されています。そのため、1日中家の中にいる猫が、伸び伸びとストレスなく暮らせるような家づくりが必要になってきています。

それにはまず、猫の習性や基本的な動線を認識しておくことが大切になるでしょう。猫は基本的に高い場所を好み、上下運動などの立体的な動きを好みます。そのような習性を活かして、壁の高い位置に自由に散歩できるキャットウォークやキャットタワーを設置してあげるのは、愛猫の運動不足解消にとても有効です。本格的なキャットウォークを作ることができなくても、段違いに棚を取り付けておくだけでも十分に効果的だといえるでしょう。

また、窓から外を眺めやすいように、腰高窓を出窓風にするのもおすすめです。日向ぼっこをしながら外を観察することができるので、ストレス解消になるでしょう。猫は自分の快適な居場所を探して歩き回る習性があるので、猫用のくぐり戸を取り付けて家の中を自由に行き来できるようにするのも良いと思います。このような猫専用のドアがあれば、トイレをリビングとは別の場所に置くことも可能になるので、トイレの臭い対策にもなると思います。

さらに、単独行動を好み、自分のテリトリーを大切にする猫のために、ちょっとした隠れ場所をつくっておくのもおすすめです。特に多頭飼いの場合は、1匹1匹が落ち着ける場所を作ってあげるのが理想だといえます。

また、猫特有の爪とぎ行動にも配慮しておく必要があるでしょう。爪とぎは、猫にとって自分の縄張りを主張するための本能なので、やめさせるというわけにはいきません。壁に腰板を取り付ける、爪とぎしそうな箇所を麻縄パネルで覆うなどの工夫が必要だと思います。

 

ペットと暮らすための注文住宅を検討する際には、まずは危険な箇所に対する配慮が重要です。玄関やキッチンに専用のフェンスを取り付けたり、ベランダからの落下を防ぐためにフェンスの隙間を狭くするなどの工夫が必要です。肉球に負担をかけないよう、床材に対する配慮も必要になるでしょう。

留守番をさせる際には、エアコンでの温度調節が重要になるので、自然エネルギーを活用するパッシブデザインでのコストカットを検討しても良いかもしれません。

愛犬の場合は毎日の散歩に配慮して、玄関部分の収納や足洗い場などを設置しておくと便利です。ウッドデッキやドッグヤードを作って、ワンちゃんとの暮らしを楽しむのもおすすめです。

愛猫の場合は、上下運動ができるようにキャットウォークやキャットタワーを設置してあげると良いでしょう。その他にも猫専用のドアを取り付けたり、外を観察できるように出窓風の窓にするのも愛猫のストレス解消に有効です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
第5位 カツマタ
記事一覧