西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

注文住宅の入居までの期間はどれくらいかかる?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/23

注文住宅なら理想的な家づくりが可能です。

理想をカタチにしてくれる信頼できるパートナーの協力を得ながら進めていく必要があります。

入居までの道のりは長いものですが、ポイントをつかんで効率よく進めていきましょう。

さらに業者とのミーティングでは、どんなに小さな疑問でも質問して解消してから先に進むことが必要です。

 

住まい選びは時間をかけてじっくり検討しよう

いつかは夢のマイホームをと考えている人も多いと思います。一戸建て住宅ならマンションのように階下や両隣からの生活音に悩まされることもありません。庭があれば四季の草花を楽しんだり、大型のペットとの生活をすることもできます。

住まい選びには、いくつかの選択肢がありますが、他の家とは違う自分だけの家づくりを望むなら、注文住宅を選ぶのがよいでしょう。注文住宅はお金がかかるからと、はじめから諦めてはいけません。一口に注文住宅といっても非常に多くの種類があり、高級住宅ばかりではないからです。

少ない予算でも自由設計のメリットを生かした魅力的な家づくりをすることが可能です。とは言え、注文住宅で建てたいけれど、何をどうすればよいのかわからないことばかりでしょう。

一般的に注文住宅は、入居までに長い期間を必要とします。分譲住宅なら殆どが1ヶ月から2ヶ月程で入居できますが、注文住宅は1年以上かかるケースも珍しくはありません。より理想的な家づくりを進めていくためには、入居までの流れや段取りを把握したうえで検討していくことが肝心です。

 

新しい環境での暮らしを想像してみよう

まずは土地選びからはじめることになりますが、利便性を考慮しながら家族のライフスタイルに合う場所を見つけなければなりません。

どのような暮らしをしたいのか、都心と郊外のどちらを希望するのかなどを事前に決めておきましょう。これにより選ぶ土地の広さなどの見当が付くので、ある程度のエリアが絞られてきます。さらにスーパーやコンビニの場所、駅やバスの停留所までの距離を確認します。

これらについては、ざっくりでかまわないので建物の外観や内装の様子だけでもイメージしておきましょう。そして少し早いと感じるでしょうが、早い段階で予算についての計画を立てていきます。

今現在の自己資金を把握して毎月の返済額を決め、土地と建物への予算の配分や希望する土地の相場価格についても確認しておきます。ここでポイントとなるのが、付帯工事費や建築以外にかかる費用についてです。地盤改良費用や各種調査費など予想外の費用が発生することも少なくありません。中には引き渡しの前までに支払わなくてもならないものがあるので、注意が必要です。総予算の80%程度が実質的な建築費と考えておきましょう。

これらのことについてある程度決まったら、具体的な土地を探しはじめることになります。予算や広さを目安として希望するエリアを中心に絞り込んでいきますが、条件に合う土地を見つけるのは容易ではありません。条件に優先順位を付け、ある程度は妥協していくことで選択の幅を広げられるようにします。もしなかなか決まらない場合には、前もって期限を決めてしまうのもよい方法です。これまでの流れについては、約1ヶ月を目途にして次のステップに進めていきましょう。

利便性や良好な環境を考えると西東京市とその周辺エリアを候補地とするのもよい考えです。都心からそれ程遠くなく通勤や通学に便利なことから人気のあるエリアの1つです。このエリアで注文住宅を建てることを希望するなら、依頼する業者を探さなければなりません。

大手のハウスメーカーなら品質面で安心感がありますが、若干割高に感じられます。一方、地元の工務店なら規格品を占める割合が低く、自由度が高い家づくりが可能です。土地探しと同時にこれらの業者に希望を伝えておけば、スムーズに話しが進んでいくでしょう。

土地の中には建築基準上の制限やさまざまな規制がある場合があり、思うような家が建てられない場合があるからです。いくつかの業者に土地と建物についての相談を持ちかけ、比較して依頼先を決めるのも良いかもしれません。

そして候補地が見つかれば、地盤と敷地について調査をしていきますが、結果次第で工事費用が追加されていくことがあります。地盤については、自分で判断できる場合もあるので、少しでも費用を抑えるためにも確認しておきましょう。

特に周囲に河川や湖などがあり建物の基礎部分に亀裂が見られたら注意が必要です。さらに自然災害による不安がある人は、自治体が発行するハザードマップが参考になります。ここまでは、約3ヶ月から4ヶ月目までに決めておきます。そして購入する土地が決まったら、建物のプランニングへと進みます。

家族構成を参考にしながら、間取りや建物の設備仕様を決めていきます。住人の生活動線を意識して間取りを決めていけば、暮らしやすい快適な生活空間となることでしょう。さらに天然の無垢材などの自然素材を中心にして建てられた健康住宅は、身体に優しい家として人気を集めています。

そして建築請負契約から建築申請となり、いよいよ着工へと進みます。工事が完了したら立会いがおこなわれますが、その際、傷や汚れなどの不具合についてチェックしておきます。もし気になる所があれば、その対応についてきちんと書面にしておきましょう。

さらに入居後の定期点検や保証期間についても確認が必要です。これらの流れを理解しておけば、手間をかけたい所とそうでない所をあらかじめ振り分けられるので、家づくりを効率よく進めていくことができます。

注文住宅を建てるには、1年~3年という長い年月がかかることもあります。しかし住宅の購入は一生にそう何度もあることではありません。家族の喜ぶ笑顔を期待して思い切った決断をしてみましょう。

 

家づくりで差が付くのは業者選び

家づくりでは、一緒になってあれこれ考えてくれるパートナーの存在が大きく影響してきます。メリットだけでなく、デメリットについてもきちんと説明してくれるスタッフが在籍する業者なら安心です。

まずはインターネットを利用して各ハウスメーカーや工務店についての評判をチェックします。人気ランキングサイトで常に上位にランキングされていたり、口コミサイトで高い評価を受けている業者なら安心して任せられます。

 

家は家族の健康と安全を守る重要な役割を担っています。時間をかけて理想的な家づくりをしていきましょう。

注文住宅を建てるには、分譲住宅よりも何倍もの期間を必要とします。入居までの流れを一通り理解しておかないと、余計な費用がかかってしまうことも少なくありません。

特に土地探しと業者探しは同時に進めていきましょう。ハウスメーカーや工務店からのアドバイスを受けながら話しを進めていくことで、新しい生活へのイメージを固めていくことができるでしょう。

専門知識については、少しずつ理解を深めていけば良いことです。まずは家づくりのノウハウを学んでいきましょう。そのためには、業者が開催するイベントなどに積極的に足を運ぶことも必要です。

休日の住宅展示場などは家族連れで混雑していることがありますが、平日は比較的空いています。そのような日を狙って利用すれば、営業スタッフからより詳しい説明を受けられるかもしれません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
第5位 カツマタ
記事一覧