西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

西東京で注文住宅!「子育てがしやすい地域」の特徴を知っておこう

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/06

この先子どもが生まれる方、あるいはある程度大きくなったお子さんがいる方など、これから注文住宅を建てようと考えているご家庭の状況も様々だと思います。

いずれにせよ、これから子育てをしつつ家族で暮らしていく上でいくつかのポイントを抑えて注文住宅を建てるエリアを選ぶことで、より暮らしやすく素敵なライフスタイルを送れます。

子どもが小さく、預ける場所が欲しいとき

待機児童の数は国でも大きな問題になるほどですから、もしもまだ保育園や幼稚園に通う前のお子さんがいる場合には、いちばんにチェックしておきたいものです。西東京のどのエリアにするのか目星をたてるためにも、まずはその地域の自治体のホームページを見てどれくらいの待機児童がいるのかを把握しておくことは重要です。

もしも共働きのご家庭だったら、小さな子どもを預けられるかは最重要のポイントになるでしょうし、逆に保育園や幼稚園の状態によってお母さんが少しの時間でも外に働きに出られるのかどうかを決めていこう、といった具合にライフスタイルを形作っていく骨組みの部分になってくることも考えられます。

いずれの場合にしろ、子供を預けたいという希望があるのであれば、西東京のそれぞれの待機児童数は見ておくことをおすすめします。さらにフルタイム勤務の場合には、とくに長時間の預かりが必要になりますから幼稚園ではなく保育園や認定こども園にしぼってリサーチをする必要があります。幼稚園だったらだいたい預かり時間は4時間ほどとなっていますから、時間を延長することができるかどうかも調べておくとよいです。

急病に対応できる環境はおさえておきたい

子育てをしていて悩まされるのは、子どもの急な体調変化です。子どもの年齢が低いほど、すぐに熱を出したり病状が急変したりしてあわてることも少なくありません。

さらに生まれてから1年ほどは、さまざまな予防接種を受ける必要があるために頻繁に病院へ通うこととなりますから、地域にどれくらいの病院があり、そこまでのアクセスは良いのか、は重要になります。子育て中によく通う専門科としては耳鼻咽喉科や皮膚科があげられますが、日ごろからかかりつけ医として利用できる小児科が近くにあるかどうかがもっとも大きなポイントとなりそうです。

そして毎日の暮らしの面では、買い物環境のチェックはかかせません。子育て中は毎日が戦争などと言われるほど忙しいものですが、お家の中の家事、子育てのみならず買い物もかなりの重労働なものです。

ドラッグストアやスーパーといった毎日必要な食料や日用品を買いに行けるお店が近くに欲しいですし、それほど近くではなくても、大き目のモールがあるとたまに気分転換に遊びにおとずれることもできて便利です。

子どもにやさしいサポート体制は

西東京のそれぞれの自治体のホームページを見てみると、どんな子育てサポートがあるのかが詳しく分かります。

たとえば妊娠中の妊婦さんにはタクシー券が交付されたり、一定の年齢になるまでは医療補助が受けられるといった制度もあり、受けると受けないとでは金銭的にも身体的にも負担がかなり変わってきますから、一度しっかりチェックして自分がどんなサポートが一番ありがたいか、を把握しておくと良いです。

当然こうした子育てサポートがしっかりしていると、精神的にもとても安心感が高く、結果的にとても住みやすい印象になります。安心感という意味では、自治体からの支援だけではなく、そのご近所での取り組みというのも気になるところです。

毎朝ボランティアの方が地元の小学生や中学生の通学路に立って見送ってくれるというのは、自分の子どもの安全はもちろんですが、その地域全体の安全性を高めてくれますし、毎朝地域の人と顔を合わせることによってご近所の先輩方とも知り合いになれますしちょっとした相談に乗ってもらうなどのつながりが生まれます。

注文住宅の立地条件で優先したい特徴は

子育てを長い目で考えたときには、幼児期のみならず、成長していく過程においても便利に暮らせるか気になるものです。まだ小さいうちからどこの高校に行くのかなど分からないものですが、電車でのアクセスが良く利便性の高い路線が乗り入れていたり、最寄駅やバス停も近ければどこに進学することになっても交通の面では安心です。

もちろん、交通の便は子どもが小さいうちに家族で出かけるときにも大きく関わってきますし、マイカーを持たないご家庭も増えているので優先順位を高く選びたいポイントでもあります。利便性という面では、住宅ばかりが密集している地域より、そこを少し離れて大きな道路に面していたり住宅よりオフィスや店舗が多い地域のほうが便利ともいえます。

しかし逆にこういった地域だと夜まで明るく騒がしかったり、車の通行量が多いことでその分騒音が気になるといった声もきかれます。お店や駅、コンビニが集まっているエリアなら暮らしは何かと便利ではありますが、土地が高かったり、子育てから考えると治安が不安という人もいるでしょう。

地域全体の安全への取り組みはなされているか

注文住宅を建てるにあたっては、地図上やインターネット上だけでは分からないポイントもあるので、実際に昼間と夜間とまわりの近所を歩いてみるのがいちばんです。たとえば車道と歩道がしっかり分けられているのか、どれくらいの幅があるのかは子どもといっしょに歩くときにとても重要です。

最近では子どもが犠牲になる交通事故のニュースも多く、親としては心配になってしまいますが、地域によっては道路に工夫がしてあり車に減速させる仕組みができていたり、歩道の色を変えて視覚にも訴えるなど事故を減らすような工夫がしてあるところもあります。

さらに、夜道に街灯の明かりがどれくらいあるのかも実際に歩いてみないと分からないポイントのひとつでしょう。意外と夜になると真っ暗になってしまうエリアもありますし、街の安全はそのまま我が家の防犯につながるといっても過言ではありません。

ですから、警察や自治会の人たちによるパトロールが定期的に実施されているか、そもそも犯罪件数はなど安全や防犯に配慮されている街かどうかをチェックしておきたいものです。

自分たちに合ったコミュニティのタイプ

これから暮らしていく地域として考えた場合に、そのコミュニティの性格が自分たちに合っているのかはとても大きいです。たとえば、西東京の中でも大きなファミリー向けマンションがたくさん並んでいるような地域や、今まさに建設ラッシュの地域はまだコミュニティと呼べるものは歴史が浅く、いわばみんなはじめましての関係からご近所さんになるという特徴があります。

もちろんこれはマンションだけではなく、新興住宅地についても言えることでしょう。 逆に、古くからの商店街があったり年齢層が高いエリアとなると古くからのつながりが強かったり、地元に古くから続くイベントやお祭りが多かったりといった特徴があります。

さらに最近では、子育て世代のために支援サポートを行っている施設やサロンのような場所があることも多いです。これらの場所はさかんにイベントが開催されたりするので、同じ年代の子どもさんを持つ親御さんたちの交流の場にもなりますから、まわりになかなか同じ環境の知り合いがいなくて不安だといった場合にも心強いでしょう。

 

子どもにやさしい地域は結果的に町全体が安心安全で暮らしやすい環境が生まれていくといっても良いででしょう。せっかく西東京で注文住宅を建てるのであれば、上記のポイントを頭に入れつつ夢のマイホーム、そして家族とともに素敵な子育て生活を実現しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
第5位 カツマタ
記事一覧