西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

注文住宅のフルオーダーとセミオーダーの違いとは?

注文住宅は大きく「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」に分けることができます。

同じ注文住宅という括りですが、それぞれにメリット・デメリットが存在するなど、その特徴は大きく異なります。

憧れのマイホームを注文住宅で建てるならば、それぞれの違いについて知ることから始めましょう。

 

オンリーワンの家づくりが可能なフルオーダー住宅

フルオーダー住宅とは、住宅に関するすべての項目について施主自身が指定して建設するタイプの住宅を指します。注文住宅と言うと、このタイプの住宅をイメージされる方が多いのではないでしょうか。建材の種類や断熱材、住宅設備などの項目を指定可能なので、自由度が高いオンリーワンのマイホームが実現することが特徴です。

マイホームをフルオーダーで建てる最大のメリットは、世界で一つだけの家に住むことができる点に尽きるでしょう。建物の形状や外壁といった外観から、間取りやキッチン、浴室などの住宅設備といった内装まで、あらゆる部分にこだわって建設できる住宅は、正に夢のマイホームと言えます。

しかし、理想通りの家づくりが可能な一方で、多くの費用や時間がかかることを念頭に置いてから計画する必要があります。オリジナル性の高い住宅になるほど、それを建てるための建材もオリジナルなものを使用しなければいけません。オリジナル性の高い住宅では建材の大量生産が難しいため、どうしても建材加工に要する費用が高くなるのです。

また、建設現場での作業工程も住宅ごとに異なるため、作業の効率化が難しいという一面もあります。したがって、工期が長くなる傾向にあり、引き渡されて実際に住めるようになるまでに非常に時間がかかることを認識しておきましょう。

時間がかかると言えば、施工前の住宅業者との打ち合わせも忘れてはいけません。フルオーダー住宅において、施主が決定しなければいけない項目は非常に多く、間取りや住宅設備などの簡単なものだけでなく、建材や工法などの専門知識が必要なものも含まれています。これらの項目を一つ一つ確認しながら決定していくため、打ち合わせには多くの時間が必要となるのです。スムーズに打ち合わせが進めばよいのですが、設計段階での予算オーバーは頻繁に起こります。

予算オーバーした場合は、設計を見直しながら費用を削る部分を探さなければいけないため、更なる時間が必要です。仮に、施主に専門知識があれば、打ち合わせにかかる時間を短縮できるでしょうが、そのような方は滅多にいないでしょう。

もちろん専門知識がなくても、質問すれば住宅業者からのアドバイスを受けることはできますが、一つ一つ質問していては時間がいくらあっても足りません。したがって、施主には家づくりに関する情報収集や勉強をしてから、打ち合わせに臨むことが求められます。フルオーダー住宅において、主体となるのは施主となるため、積極的に知識を身につけるという姿勢が重要です。

 

費用や時間がかからないセミオーダー住宅

ゼロから設計していくフルオーダー住宅に対し、住宅業者によって大まかな枠組みが決められているタイプがセミオーダー住宅です。一般的には、住宅業者側が用意した間取りや住宅設備のプランの中から、施主の好みに合ったものを選択していく方法になります。

セミオーダー住宅の大きなメリットは、費用を抑えることができる点です。セミオーダー住宅はある程度規格化されたタイプであるため、それを建てるための建材も規格化が可能で、工場での大量生産が実現します。建材の大量生産によって加工に要する費用を大幅に削減できるとともに、建築現場での作業量も少なくなるため工期の短縮にもつながります。

また、フルオーダー住宅では、住宅業者は施主の希望を聞きながら設計図面を作成していくため、非常に手間がかかりますが、セミオーダー住宅では、ある程度完成した図面の中から施主が選択していくため、図面作成の手間が少なくなります。

施主が決定する項目も少なく、間取りや住宅設備のグレード、外壁の色など比較的選びやすい項目ばかりです。これらの要因によって、図面作成や打ち合わせに必要な費用や時間が大幅に縮小できるのです。

しかしセミオーダー住宅では、すべての希望が盛り込めるわけではないという認識が必要です。受託業者は幅広いターゲットに向けて多様なプランを作成していますが、その中に好みのものが含まれているという保証はありません。オプションによって実現できるものがあるかもしれませんが、基本的に好みのプランがない場合は、一部の希望を妥協するか他の住宅業者を探す必要があります。

また、セミオーダー住宅は一般的な土地を想定して設計されていることがほとんどです。そのため、建設予定地が極端に狭かったり高低差が激しいといった場合は、そもそも建設できない可能性があります。仮に建設可能であっても、選択できるプランはかなり制限されてしまうでしょう。このようにセミオーダー住宅は、費用と時間をかけずにマイホームを建てられる一方で、選べるプランには制限があるという認識を持つ必要があります。

 

理想のマイホームを手に入れるための注意点

基本的に注文住宅では、施主の希望を取り入れることができますが、実現できない希望もあるということを認識しておきましょう。当然と言えば当然ですが、大前提として法律や規制に違反した希望は実現不可能です。

例えば、3階建ての住宅を希望しても、条例などで2階建てまでしか建てられない地域であった場合は、もちろん3階建てという希望はあきらめる必要があります。間取りに関しても同様で、電気配線や水道管設置の関係で物理的に実現しない間取りも存在します。

これらは素人には判断が難しい項目でもあるため、住宅業者に相談して本当に希望が実現するのかをしっかり確認しましょう。また、住宅業者との打ち合わせには事前準備が非常に重要です。

完成前に実物を見ることができない注文住宅では、完成後に「思っていたイメージと違う!」ということが起こる可能性があります。このような事態が起こる原因の一つに、打ち合わせの段階で施主と住宅業者との間にイメージの共有がされていないことが挙げられます。

打ち合わせでは住宅業者からさまざまな提案を受けるため、話し合いが進むにつれて施主が思い描く理想のマイホームの定義がブレてしまう恐れがあります。そのため、まずは理想の住宅とは何なのかという具体的なイメージを固めることから始めましょう。

例えばインターネットで画像検索すると、さまざまな住宅の外観や内装を見ることができます。画像であれば、口頭よりも正確に情報を伝えることができるため、住宅業者側とのイメージの共有がしやすくなります。

さらに、こだわる部分に優先順位を付けることも大切です。注文住宅は自由度が高いがゆえに、あらゆる部分にこだわりを持ちたくなりますが、すべてにこだわってしまうと簡単に予算オーバーしてしまいます。

どの部分にこだわって、どの部分を妥協するのかを家族でしっかりと話し合って優先順位を付けることで、仮に予算オーバーしても計画の練り直しがスムーズに進みます。さらに、優先順位を住宅業者に伝えることで、適切なアドバイスを受けることができるというメリットも生まれます。

 

このように、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅にはそれぞれメリット・デメリットが存在するため、注文住宅でマイホームを建てる場合は、それぞれの特徴をしっかりと理解しておくことが重要です。

まずは、家族全員で理想のマイホームについて話し合うことから始めましょう。具体的なイメージがないままの見切り発車は、後々の後悔につながります。

具体的なイメージを固めたうえで、どちらのタイプが自分たちにとってベストなのかを判断して、夢のマイホームを手に入れてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
第5位 カツマタ