西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

注文住宅と自由設計の違いとは?

注文住宅と自由設計はなんとなく似た言葉ですが、西東京で家を建てようと考えている人の中には、その違いがよく分からないという人も多いでしょう。

ですので今回は、自由度や価格、そして建築業者に関する違いなどについて分かりやすく紹介します。

 

どれぐらい自由度があるのかや価格の違い

注文住宅と自由設計は、すでに完成した住宅を販売する建売住宅と比べると、自由に決められる部分があるという点が共通しています。しかしこの2タイプの住宅は、その自由度がどれぐらいあるのかという点が違うと言えるでしょう。

まず注文住宅のほうは、住宅に関する全てのことを決められるフルオーダーの場合や、基本的な仕様が決まっていて、間取りや設備(キッチンやバス)の色などが決められるセミオーダーの場合があります。

一方の自由設計のほうは、間取りのみが自由に決められて、設備に関しては業者が指定したものになります。ですので自由設計というのは、自由度がより高い注文住宅と、完成したものを購入する建売タイプのちょうど中間に位置するものだと考えればよいでしょう。

そのため自由設計は、自由に設計できるようなイメージに受け取られがちですが、実際は建売タイプに近いものであり、その分注文住宅よりも価格が安いというメリットがあります。

実際の価格差については、注文住宅の場合は、建売タイプと比べると700万円~800万円程度高くなると言われています。しかし自由設計の場合は、建売タイプと比べて200万円程度高くなるだけで済ませることが可能です。

注文住宅の価格が高くなってしまうのは、設計や設備の自由度が高いからということも当然あります。そしてそれに加えて、単体で土地を購入することになるため、建売タイプのようにまとめて購入する場合より高くなってしまうという理由もあるでしょう。

しかし自由設計の場合は、設計の自由度が低いということや、建売タイプのように土地がまとめて購入されることもあって、注文住宅より安くすることができるのです。そのため、キッチンやバスの設備にはこだわらないが、間取りだけは自由に決めたいという場合に自由設計を選ぶと、費用的にもお得になると言えるでしょう。

一方で注文住宅は、やはり何と言っても自由度が高く、理想的な家が建てられるということがメリットです。特にフルオーダーの注文住宅であれば、住宅の全てにおいてこだわることができますし、予算が許す限り妥協する必要がありません。もちろんフルオーダーの場合は、費用が高くなってしまうため、ある程度予算がかかっても最高品質のものを求めるという人に向いています。

そしてセミオーダーの注文住宅の場合も、全てを自由に決められるわけではありませんが、こだわりたい部分にそのこだわりを反映させることができるでしょう。

一方の自由設計の場合は、間取りしか自由に決めることができないため、その他の部分については妥協しなければならなくなります。しかし、自由設計の場合でも、全体的な仕様がある程度満足できるものが選べれば問題ないとも言えますし、自由度が低い分、費用を節約することができるでしょう。

 

建築業者を選べるか選べないかという違い

注文住宅と自由設計は、設計や設備の自由度や価格の面で違う他、実際に建築を請け負う業者に関することにも違いがあります。

まず注文住宅の場合は、設計などを自由に決められるだけでなく、建築業者も自分で決めることができます。ですので建築業者選びで手間がかかってしまうこともありますが、自分の納得できる業者が選べるというメリットがあると言えるでしょう。

一方で自由設計の場合は、建築業者があらかじめ決められているため、自分で自由に選ぶことはできません。自由設計の住宅というのは、条件付きの土地を売買契約するものであり、この条件付きとは、売り主が建築業者を指定することを意味しているのです。そのため、注文住宅と同じような認識で契約してしまうと、建築業者を選べないということでトラブルになってしまうこともあるので気を付けましょう。

しかし、建築業者を選べないからといって、そのことが必ずしもデメリットになるかというとそうではありません。後で建築業者を選べないのであれば、最初から信頼できる業者を選んで契約しておけば、特に問題はありませんし、選べない代わりに費用を安くすることができるのです。

自由設計は注文住宅より自由度が低いと言えますが、できる限り依頼者の要望を受け入れてくれたり、耐震対策などもしっかりおこなう業者を選べば安心して任せることができるでしょう。注文住宅であれ自由設計であれ、自分の希望に合った家が建てられるかどうかということが重要になりますが、その一方で技術や実績の面で信頼できる業者を選ぶことも大切です。

そして契約した後でキャンセルしたいと考えても基本的にはできないため、契約する際は業者側の提案内容をよく確認することが重要になるでしょう。また、分からない点があれば、契約前に業者側に相談して納得しておく必要がありますし、そうした相談にもしっかりと対応してくれる業者かどうかということも業者選びの判断材料になります。

 

設計などに関する打ち合わせ回数の違い

注文住宅と自由設計は、建売住宅と違って設計に関して業者と打ち合わせをする必要がありますが、この両者には打ち合わせの回数にも違いがあります。

まず注文住宅の場合は、自分で決める箇所が多いため、業者との打ち合わせ回数も多くなります。実際には、注文住宅だと10回程度の打ち合わせが必要になると言われているので、人によってはそれだけで疲れてしまうという場合もあるでしょう。しかし、だからといって早く終わらせるために即決してしまうと、しばらくしてから後悔してしまうこともあり得ます。

あるいは、業者から提案されたものを受け入れるだけなら注文住宅を選ぶ必要はないとも言えるので、このタイプの家を建てるのなら、じっくり取り組む覚悟を持っておく必要があるでしょう。

一方の自由設計の場合は、建築確認申請の関係上、1カ月~2カ月程度しか販売期間が取れないため、その期間内に打ち合わせを済ませる必要があります。ですので自由設計は、多くても3回程度の打ち合わせしかできないということが言えるでしょう。そもそもこのタイプは間取りを自由に決められるだけなので、注文住宅ほど多くの打ち合わせは必要ありません。

しかし、打ち合わせの回数が少ないということは、それだけ早く決断しなければならないということでもあるため、検討する余裕があまり持てない場合があります。ですので自由設計を選ぶ場合は、スムーズに打ち合わせができるように、あらかじめ具体的なビジョンを持っておくことがより重要になるでしょう。

また、注文住宅と自由設計の住宅は、設計に関する打ち合わせをおこなう必要がありますが、その際に言った言わないというトラブルになることがあります。ですので、打ち合わせでの決定事項については、きちんと書面に残しておくことも重要だと言えるでしょう。

 

注文住宅は、間取りや設備などを自由に決めることができますが、自由設計は間取りのみ自由に選ぶことが可能であり、価格は自由設計のほうが安くなります。

そして注文住宅は、建築業者を自分で選ぶことができますが、自由設計は建築業者があらかじめ決められているという違いがあると言えるでしょう。

さらに打ち合わせの回数についても、注文住宅は10回程度あるのに対し、自由設計は多くても3回程度しかないという違いがあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
第5位 カツマタ