西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

西東京で注文住宅を建てるまでの流れとは?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/20

そろそろ自分の家が欲しいと考えた場合でも、分譲住宅では希望に合った物件を見つけるのは意外に難しいと思います。

そんなときにピッタリなのが注文住宅であり、これなら間取りやデザインを好きなように設計できます。

それでは、西東京でマイホームの着工に至るまでの流れを、順を追って見ていきましょう。

 

新居を建てるファーストステップ

どんなマイホームに住みたいのか、まずはそれを考えることが、注文住宅を西東京で建築する際のファーストステップです。素敵な家に住みたいという場合でも、天然木が魅力的なナチュラル系や、スタイリッシュなコンクリートベースなど、家にはさまざまな方向性があります。

そこで、漠然としたイメージがあるのみで具体的な案がないときは、情報誌やネットを使って情報を集めるのが良いでしょう。注文住宅ならではの優れた住まいを数多くチェックできますから、とても参考になる筈です。

とはいえ、たくさん情報を集めると今度は目移りしてしまい、かえって迷うかもしれません。ですが、それは注文住宅を建てる人の大半が経験することなので、最初は大いに悩んでおいても良いでしょう。

では、注文住宅を建てた人たちはどのようにしてイメージを固めたのかというと、それは見学会やイベントに参加して解決したケースも少なくありません。例えば、各社のモデルハウスを見て回ったり、実際に建てられた注文住宅を巡る実例見学会などです。

それ以外にも、資金プランや家が完成するまでの流れを学べるセミナーをはじめ、構造見学会や相談会といった具合にいろいろあります。建築関連会社が主催するイベントはどれも勉強になり、参加を重ねればマイホームに対するイメージも、次第に固まってくると思います。

もちろん、その前に資料を取り寄せることも大切で、可能であれば各社へ同時に資料請求してみましょう。同じ日に請求しても資料が自宅に届くのは各社でバラバラの筈ですが、その点でも各社の対応力や、信頼度などをある程度判断できるのです。

つまり、迅速発送のうえに手書きの手紙も入っている業者と、延々待たされた挙句に少し資料が入っているだけの業者では、どちらが契約先として相応しいか判断できます。そして、パンフレットを見て気になった建築会社があれば、積極的にモデルハウスなどへ訪れましょう。

そこでは各社の強みや工夫が詰め込まれた展示用の住宅が建っていますから、使い勝手や空間演出を直接確かめられます。間取りなども写真で見るイメージと実際の雰囲気はまるで違う場合が多いため、現物を見ることでマイホームに対する希望も具体的に固まり始めるのです。

このほか、実例見学会に参加した場合、オーナーに質問できる機会があれば、工夫した所などを聞いておきましょう。さらに、自分が家を建てるにあたり、何か障壁にぶつかったときのことを考え、完成するまでに苦労した点や、打開策も尋ねてみると良いかもしれません。

 

土地を所有していなければ土地探しも必要

土地とセットになった分譲住宅と違い、注文住宅は家屋のみのため、土地をお持ちでなければ土地を手に入れる必要があります。そこで、スムーズに土地を探したいなら、土地に関する相談会に足を運んでみてください。

セミナーと異なり個別的な話が可能ですから、自分の場合はどのような土地が妥当か、より具体的な相談ができるのです。土地を探すときの留意点や、確認ポイントなども案内してくれるはずなので、土地探しがおこないやすくなります。また、土地を探す作業は、施工業者選びも同時に進めるのが得策で、それにより家屋と土地をリンクした総合的な相談が可能になるのです。

そして、西東京で要望どおりの土地を発見した際は購入の申し入れをおこないますが、土地を買えば直後に家を建てられる訳ではなく、大抵地盤調査を実施します。結果によっては改良工事が必須となり、その場合は十万単位や百万単位といったお金が要るので無視できません。地盤調査は売主の承諾を得られれば購入前でもできるため、必要に応じて打診してみると良いかもしれません。

そして、土地の購入資金を用意するのに住宅ローンを使う予定なら、資金計画関連のセミナーや相談会に参加すると良いでしょう。金利の種類やローンの組み方などを専門家が教えてくれるため、資金プランを考える際、大いに役立ちます。その後、検討の末に住宅ローンの借入先を選びましたら、まずは事前審査をお受けください。

ただし、土地代と一緒に建築資金も借りる場合ですと、この段階で注文住宅の見積もり書が求められます。そのため建築会社を決める必要がありますから、いろいろな業者に声を掛けて設計プランと見積もり書を作ってもらい、比較したうえで選びましょう。このときに大切なのが、複数の業者に同条件で見積もりを依頼することであり、それによって正しく比べられるようになります。

設計プランは初回はタダで作ってくれる場合が多いものの、2回目以降は料金が発生するケースも多々見られます。一回で図面が確定することは非常に少ないので、作成料がいくら掛かるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

また、住まいは生活動線を基に設計するのが大事ですから、施工会社のヒアリングを受ける際は、日常生活の様子などを詳しくお伝えください。とくに汚れて帰宅することが多いご家庭なら、玄関からお風呂場へのルートを工夫するのが良いと思います。リビングを経由せずにお風呂場へ直行できる間取りなら、部活などで子どもが泥だらけで帰宅した場合でも、部屋をそれほど汚さないので掃除が楽になるでしょう。同様に、洗濯場から物干し場までの動線を短くすれば、家事が効率良くできるので負担や作業時間を減らせます。

それらを加味しつつ各社を比較し、1社に絞り込みましたら、その施工業者と建築プランをさらに練り込んでいきましょう。

 

注文住宅を西東京で建てる際の流れもクライマックスへ

手付金を支払って土地を購入するほか、設計プランが決まり、見積もりにも納得しましたら、施工業者と建築請負契約を締結しましょう。家の設計図が決定したら建築確認申請をおこない、建てようとしている家屋が建築基準法に適合しているか、役場などに判断してもらいます。

もしもこの後に設計プランを修正すれば、もう一度建築確認を受けねばなりません。当然費用と時間も再び掛かるため、図面に修正を加えるなら、この申請をおこなう前までに済ませておきましょう。

確認作業が完了し、建築のゴーサインが出ましたら、確定した設計図を基に住宅ローンの本審査へと進みます。そして、本審査もクリアして融資が可能になった場合、土地の残金を払って引き渡しと登記を済ませれば、土地は晴れて自分の所有物になるのです。

この後の流れは、施工業者へ着工金を支払い、地鎮際をおこなう際は実施し、上棟式のタイミングで中間金を支払うのが一般的です。新居の完成後は竣工検査で不具合がないかを確かめ、問題がなければ建築費の残金を払い、家のカギを受け取って引越しとなります。

 

着工に至るまでの流れを駆け足でご案内しましたが、注文住宅はやることが多いため、スケジュールを立てて作業を進めると良いでしょう。そして期間に関してですが、スタートから着工までがおよそ9か月、着工から完成までは、少なくとも4か月程度は掛かると思います。

建売住宅のように買えば済むという手軽さはありませんが、その代わり自分だけの住まいを、好きな設計で建てられるのが強みです。また設計図の確定作業は建築までの流れの中でも大切な工程ですから、図面の模索には手間を惜しまず、納得するまで作成し直してもらい、西東京で素敵な新居を建てましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
第5位 カツマタ
記事一覧