西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

注文住宅とはどういう家のこと?定義を知ろう

西東京で注文住宅に興味を持っている人の中には、このタイプの住宅の定義がいまいち分からないという人もいるでしょう。

そこで今回は、注文住宅の意味や、知っておきたいメリットとデメリットについて詳しく紹介します。

 

注文住宅の定義と他のタイプの住宅との違い

注文住宅とは、その名の通り注文をした後に建築がおこなわれる住宅をさす言葉であり、間取りや設備、そして外観といった住宅に関することを自由に決められるという特徴を持ったものです。よくある建売住宅との違いとしては、建売タイプが既製品だとするなら、注文タイプはオーダーメイドできる住宅ということになるでしょう。

建売タイプというのは、設計やデザインなどが決められており、すでに完成したものを購入するという形になります。しかし注文タイプは、施主が業者に注文をおこなってから建て始めるものなので、商談をしている時点ではまだ住宅が存在しないという点も建売タイプとの大きな違いだと言えるでしょう。

また建売タイプは、敷地面積が比較的狭い場合に採用されることが多くありますが、注文タイプはある程度広い敷地が確保できる場合に選ばれる傾向があります。これは、敷地が広いほど住宅の自由度も高くなるため、自由に設計などができる注文タイプを選びやすくなるということだと考えられます。

そして注文タイプの住宅には、「フルオーダー」と「セミオーダー」というタイプにさらに分けることが可能です。フルオーダーは、住宅の全てについてオーダーできるということであり、自由度がより高い住宅になります。

一方のセミオーダーは、自由に決められる範囲が、間取りや設備などに限定されたものであり、それ以外の部分は業者が提示する仕様になるというものです。そのためセミオーダーは、フルオーダーと比べると自由度は低くなりますが、価格の面では安く抑えられるというメリットがあります。

セミオーダーは、自由度の点で劣るとはいえ、自由に決められる部分が施主の希望に合ったものであれば、一定の満足を得ることができますし、価格も安く済ませることができるのです。また、注文タイプの住宅と似たものに「自由設計」と呼ばれるものがありますが、こちらは間取りだけが自由に決められる住宅という意味になります。

ですので、自由設計といっても何でも自由に設計できるわけではなく、注文タイプのセミオーダーよりも制限がある(自由度が低い)ということを知っておきましょう。このように、注文タイプの住宅には自由度によって種類があるため、よりこだわりが多い場合はフルオーダーが向いていると言えます。そして、間取りなどを部分的に変更したい場合や、こだわりつつコストも抑えたい場合は、セミオーダーが向いていると言えるでしょう。

 

注文住宅の持つメリットは何なのか

注文住宅の定義は先ほど説明した通りですが、より理解を深めるために、どんなメリットがあるのかもあわせて知っておきましょう。

実際のメリットとしては、まず1つ目に「自分の希望を住宅建築に反映させることができる」ということが挙げられます。先ほども紹介したフルオーダーであれば、予算が許す限り自分の希望に沿った住宅を建てることができます。

いってみれば、これは世界に一つだけの住宅が作れるということであり、施主のこだわりを最大限詰め込んだ家を手に入れることができるということです。そしてセミオーダーの場合も、自由度に制限はありますが、建売タイプと違って一定の希望やこだわりを反映させることができます。

2つ目のメリットとしては、「建築中の住宅を見学したりチェックしたりできる」ということが挙げられます。建売タイプの場合は、完成した住宅を購入するだけなので、建築中の住宅を見るということはできません。しかし注文タイプは、何もない状態から建て始めることになるため、希望すれば建築中の住宅を見学することができます。

もちろん、住宅建築の素人が見学をおこなっても、実際に何をチェックしたらいいか分からないという場合も多いでしょう。しかし建築現場の写真を撮っておけば、後々トラブルが起こった際などに、証拠として役立てることができます。

3つ目のメリットとしては、「コスト調整という点でも自由度がある」ということが挙げられます。注文タイプは、こだわりを盛り込みすぎると建築費用が高くなってしまいますが、逆にこだわらない部分はコストカットをすることも可能です。

そのため予算オーバーしてしまいそうな場合は、こだわらない部分のグレードを下げるとコスト調整をおこなうことができますし、それによりメリハリのある予算の組み方ができるようになるでしょう。

そして4つ目のメリットとしては、「住宅の資産価値を高めることができる」ということが挙げられます。注文タイプの住宅というのは、品質の高い資材が使われることが多いといったこともあり、建売タイプより高く売れることもよくあります。特に、流行に左右されないようなベーシックな造りの住宅は需要が多く、資産価値も高くなる傾向にあると言えるでしょう。

 

注文住宅のデメリットについても知っておく

注文住宅にはメリットが多くありますが、その一方でデメリットもいくつかあるので、ぜひチェックしておきましょう。

まず1つ目のデメリットとしては、「建売タイプと比べるとコストが高くなってしまう」ということが挙げられます。注文タイプというのは、良い資材を使うなどのこだわりが多いほど費用が高くなりますし、より良い家にしたいと考えた結果、予算がオーバーしてしまうケースも少なくありません。これは自由度が高いことの裏返しであり、こだわりを持った家を作るためには、ある意味仕方のないことだと言えます。

しかし前述したように、注文タイプの住宅はコスト調整も可能なので、こだわりの優先順位をつけてメリハリのある予算を考えることで、コストの増大を避けることもできるでしょう。

2つ目のデメリットとしては、「完成までに時間がかかってしまうことも多い」ということが挙げられます。こちらも、先ほどのコストと同様にこだわりが多いと、それだけ作業に時間がかかるなどして、完成するまでの時間が伸びてしまうということです。

自分のこだわりを実現するためであれば、多少時間が伸びてしまっても仕方がないということも確かに言えます。しかし、現在賃貸に住んでいる場合は、完成までの時間が長くなってしまった分、家賃も多く支払わなければならなくなるため注意が必要でしょう。

そして3つ目のデメリットとしては、「完成した状態を確認することができない」ということが挙げられます。建売タイプの場合は、完成した住宅を直接見ることができますし、まだ住宅が建てられていない段階であってもモデルハウスで確認することができます。ですので、実際にどんな家なのかをチェックしたうえで購入できるという安心感が建売タイプにはあると言えるでしょう。

しかし注文タイプの場合は、1から作ることになるので、完成した状態がイメージしづらく、完成後に違和感が出てしまうということもあります。そのため、業者側に3Dの完成予想図を作成してもらうなどして、できるだけ具体的にイメージできるような工夫をする必要があるでしょう。

 

注文住宅とは、注文をした後に建築がおこなわれる住宅であり、住宅に関することを自由に決められるという特徴を持ったものです。

メリットとしては、自分の希望を住宅建築に反映することができるということや、建築中の住宅を見学したりチェックしたりできることなどがあります。

そしてデメリットとしては、建売タイプと比べるとコストが高くなってしまうことや、完成までに時間がかかってしまうことも多いということなどが挙げられるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
第5位 カツマタ