西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

西東京で注文住宅を建てるとどれくらいの費用がかかる?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/06/20

住まい選びではさまざまな選択肢がありますが、印象だけで決め付けてはいけません。

そして価格よりも家族の安全や健康を第一として考えることが大切です。

その後にポイントを押さえながら削れる所を削れるよう努力していきましょう。

まずは各業者が運営している住宅展示場などに積極的に足を運んで実際に自分の目で建物を見ることが必要です。

 

環境選びは住まい選びの大切な第一歩

高齢化社会に突入して人口の減少が続いている日本ですが、東京については23年間連続で人口が増加しています。地価も他の地域より高めに推移しているので、東京で注文住宅を希望する人にとって土地選びは慎重にならざるをえません。

そのような状況の中、西東京市の地価は東京都の62ある市区町村内で33位なので、条件次第では候補にするのもよいでしょう。西東京市内には計5つの駅があり都心へのアクセスも良いです。

しかも自然に恵まれた地域も多いことから暮らしやすい街として人気を集めています。

 

無理のない資金計画を立てて購入しよう

憧れのマイホームを実現するためには、まず予算について考えなくてはいけません。しかし今ある貯蓄からどれ位の注文住宅が建てられるのか、費用を抑えることは可能なのかなど見当も付かない人が殆どです。

これらの疑問を解消するためには、まず相場について知っておくことが先決です。西東京市の約30坪の土地付き注文住宅では、土地代が約2.830万円で住宅建設費が約2.130万円となり合計で約4.960万円が相場です。

もちろんこれは1つの例に過ぎず、もっと安い価格で建てた人もいれば、高額な費用をかけた人もいます。これを1つの目安とし、さらに細かい内訳ついてじっくり検討していきましょう。

そして何もかも希望を詰め込んでしまうと予算オーバーになり高額な住宅となります。何を理想とするのか、あらかじめ明確にしておくことで家づくりをスムーズに進めていくことができます。まずは建物についての基本的な知識を学ぶと共に、注文住宅にはどのようなタイプが存在するのかを知ることが肝心です。

注文住宅のデザインで人気を集めているのが和風モダンやシンプルモダン、レトロなどです。これらのデザインを基調として家の全体的な雰囲気をイメージしていくのが良いかもしれません。

そして省エネ効果が期待できる高性能住宅が注目されています。外断熱工法で建てられた家は、高気密・高断熱性といった特徴を持ち、年間を通じて快適に暮らすことができ、しかも冷暖房効率に優れているので、かけた費用は後から回収できます。

さらに家族にシックハウス症候群やアトピー性の皮膚炎で苦しんでいる人がいれば、自然素材を中心に使用した健康住宅がおすすめです。使用する建材には身体に有害な物質は含まれていないので、安心です。しかも床や壁にスギやヒノキといった天然の無垢材を使うことで、フィトンチッド効果により森林浴をしている状態になります。このフィトンチッド効果はストレスを和らげるとして医療の現場でも利用されています。

これらの中から理想的な家に近いものを選んでいきましょう。少しでも低予算で建てたい人は、いくつかのポイントを押さえることでかなり節約することが可能です。特に建築費は何度も見直しをすることで、かなり削ることができます。

中でもバスルームやキッチンの設備を規格品にしたり壁に使う仕上げ材をクロスにすれば、もっと安く済ませられるでしょう。そして注文住宅の外観はとても多くの種類がありますが、できるだけシンプルな形状のほうが費用は安いです。

複雑な形状を持つ建物よりも正方形のほうが揺れに対して強く、地震が発生しても倒壊するリスクも低いです。さらに配管設備が複雑になると、その分だけ工事費用が余計にかかるので注意が必要です。

キッチンやバスルーム、トイレなどの水まわりに関しては、できるだけ一ヶ所に集めましょう。このように設備などのグレードにメリハリをつけることで、全体の費用が抑えられます。

そしてこのような安い価格で建てられる注文住宅を得意とする業者も存在します。いわゆるローコスト住宅を手がける業者は、宣伝費や人件費を削るなどして坪単価40万円から60万円という低価格を実現しています。

これは一般的な坪単価が80万円以上であることを考えるとかなり安いです。しかも狭い土地や変形した土地でも空間を上手に利用しながら必要な収納スペースも確保できるので、狭さを感じさせない開放的な家づくりを可能にしています。

中には1.000万円台での注文住宅が可能とする業者もあるので、諦めずに探してみましょう。このように、できるだけ早い段階でどのようなタイプの家にするか決めておけば、予算も立てやすくなります。

具体的な資金計画の立て方として、まず考えなければならないのが頭金です。頭金は通常、購入額の10%から20%は用意しておくことが必要ですが、地盤改良費や引っ越し費用など予想外の費用が必要になる場合もあるので注意が必要です。

これらの入居までにかかる費用を全て差し引いて、頭金としてどのくらい残るか計算してみましょう。もし約500万円の頭金を用意できるのなら約2000万円の住宅ローンを組めることになりますが、問題はそう単純ではありません。

住宅ローンを組むときの年齢は平均して40代前半ですが、返済期間はおよそ30年を目安とします。さらに低金利が魅力の金利変動型にするのも良いですが、景気の変動に左右されるというリスクがあります。

不確定要素の多い現代社会では、少し位金利が高くても総支払い額が明確になる固定金利型を選ぶのが無難かもしれません。いずれにしても入居後の生活が苦しくならないよう無理のない資金計画が不可欠です。

 

理想をカタチにしてくれる業者を見つけよう

一般的に注文住宅を建てるには、ハウスメーカーか工務店、建築事務所に依頼します。

高い自由度を求めるのなら建築事務所が適しています。どのような奇抜なデザインでも耐震性や耐久性が問題とならない限り実現してくれるでしょう。

しかし他の選択肢と比べ標準仕様というものがないので、全て1から組立てていくという作業をしていきます。唯一無二の家づくりが可能である反面、設計料などが発生するので割高になることがあります。

そしてハウスメーカーはテレビなどで建物を目にする機会が多く、知名度もあるという点で安心感があります。金融機関と提携があり、住宅ローンが通りやすいのもメリットです。

そして工務店は地域に根ざしたフットワークの良さが売りです。メンテナンスなど長期的なお付き合いをしていくことを考えると、評判の良い地元の工務店も魅力的です。

 

都内で注文住宅を建てたいのなら、利便性や地価などを参考にしながら総合的に判断していきましょう。まずは予算を立てる前にどのような選択肢があるのか全体像をきちんと把握しておかなければ、最適な選択はできません。

家づくりについて時間をかけて学んでいきましょう。ポイントとなるのは家の外観や建築工法ですが、少しでも費用を抑えるためにも事前に目的を明確にしておきます。メリハリを付けた予算の配分をすることで安くとも理想的なマイホームを実現することができるようになります。

そして親身になって応じてくれる業者に依頼することが必要です。ハウスメーカーや工務店など、それぞれの特徴を理解したうえで依頼する業者を決めましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
第5位 カツマタ
記事一覧