西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

西東京で注文住宅を検討しているならチェックしておきたいエリア

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/11/08

注文住宅を建ててもずっとお家の中で過ごすわけではありませんから、周辺環境のチェックは欠かせません。西東京での注文住宅を検討しているなら、家が完成した後にどのような場所へ行きやすいのかとか、子どもがいる場合には一緒に時間を過ごせる、遊びに適した施設はあるのかなど、事前に考慮に入れておくと良いでしょう。

使える公園のチェックは欠かせない

注文住宅を検討している方たちの中にはやはり子育て世代のご家庭も多いものですが、そんな方たちにとってのいちばんのポイントは子どもがどう過ごせるのかという事でしょう。

西東京には、なんと小金井市、小平市、西東京市、武蔵野市という4つもの市にまたがるとても大きな公園があります。もちろん公園なので千葉や大阪にあるような大きなテーマパークとは違って入場料もいりませんし、並ぶ必要もありません。

子どもたちを思いっきり遊ばせることができるエリアだとして、子育て世代の親御さんたちからもとても人気が高いです。とにかく広いこの公園は、都立のほかの公園と比べても比べ物にならないくらい最大規模の大きさとなっています。

ここでどう遊ぶのかは子どもの年齢や好み次第で、イベントとまではいきませんが、昔ながらのあそびをシニアの方たちに教えてもらってたくさんの子どもで一緒に遊ぶような機会もありますし、もともとある遊具をつかって遊ぶのも良いでしょう。さらに、年齢が高い子どもや大人だったらサイクリングをするのもおすすめです。

子どもたちも喧騒を忘れられる場所

あきる野市は、東京の都心からもだいたい1時間あれば行けますし、さらに1時間以内であってもまるで東京の喧騒とは打って変わって自然のマイナスイオンをたっぷりと浴びることのできる秋川渓谷もあります。このような場所ではハイキングをして散策をするのはもちろんのこと、バーベキューをして楽しむこともできます。

毎日都市生活を便利に楽しみつつ、少し足を延ばせばアウトドアも気軽にすることのできる環境は、育ち盛りのお子さんがいる家庭にはもってこいかもしれません。

子どもにとっても、いつもコンクリートに囲まれた都市での生活はストレスがたまるものですから、定期的に自然いっぱいの環境で思いっきり楽しませてあげるというのは子育てにおいてもとても良いことといえます。秋川渓谷には、子どもにももってこいの川遊びができるのも特徴のひとつです。

普通だったら、田舎のおじいちゃんやおばあちゃんの家に帰った時くらいにしかできない遊びも、こういったスポットが割と近くにあればもはや日常的な遊びとして楽しめることになります。

夏休みも有効に時間を過ごせるスポット

小学校くらいの年齢の子どもがいる世帯では、とくに夏休みのような長期休暇となるとお母さんたちの悲鳴が聞こえてくるものです。有り余っている時間をどこでどう過ごすのが有効なのか、親御さんとしては頭をかかえてしまうのも無理はありません。

しかし、西東京だったらわざわざ遠くまでレジャーに出かけることなく、夏にうれしい遊びがいっぱいできます。 たとえばあきる野市、エリアであれば夏休みだけではなく、一年中楽しめる屋内型のプールのある大型施設があります。

もちろん、夏には屋外プールもオープンするので夏の醍醐味としてやっぱり行っておきたいスポットといえるでしょう。それにやはり海と違って屋内なので海難事故に合うこともありませんし、警備員の方の目も行き届いているので、まだ小さい子どもがいるご家庭でも割と安心して遊ばせられることと思います。

さらにこの施設ではスパもあるので、大人も夏の疲れを癒しに行くといった使い方ができますし、宿泊施設も完備されているので西東京の中でも遠方から訪れるのであれば泊りがけで存分に遊ぶのも良いでしょう。

歴史情緒あふれる建物にふれあう

青梅市は京都にある竜安寺で有名な枯山水にも似た庭園がある玉堂美術館があるなど、落ち着いた大人の楽しめる施設があります。JR青梅線御嶽駅からも徒歩約5分と近いので、マイカーがなくても行きやすいスポットで便利です。

小金井市といえば、歴史的な建造物やアニメに出てくる有名な温泉、明治時代の政治家の邸宅があったりと、建築ファンにはたまらない江戸東京たてもの園があります。どの建造物も、一歩足を踏み入れてみると時代がタイムスリップしたかのような錯覚に陥り、とてもレトロな雰囲気が味わえますし、逆にそれが現代人にとっては可愛いと想えるものなのかもしれません。

そもそもこの園は小金井公園の中にあるものなので、建築物を見るだけではない過ごし方ができるエリアとなっています。場所はJR中央線の武蔵小金井駅または東小金井駅、または西武新宿線の花小金井駅が一番近いですが、西東京エリアならバス網も発達しておりたくさん通っていますから、バスを利用すれば公共の交通機関を使って気軽に訪れることができるでしょう。

海外まで行かなくてもリゾート気分

東京の23区、とくにベイエリアとはちがって、西東京となると海からは遠い印象があるかもしれませんが、最近では立川市にあらわれる白い砂浜が話題となっています。このビーチがオープン中には、カフェや飲食店もたくさん並ぶのでビーチだけではなく食いだおれや家族や仲間でのバーベキューも楽しめるようになっています。

かなり広いスペースにそれぞれテーブルとイス、そこにテントが張られていて夏のビアガーデンのような窮屈な感じはまったくなく、都心から離れているからこそのゆったりとした楽しみ方ができますし、花火もあるので夏場は欠かせないスポットといえます。

こうした場所が近くにあれば、わざわざ海外や沖縄まで行く必要がありません。ハワイや沖縄もいいですが、まず航空券の手配からはじめなくてはならないのは面倒くさいですし、その後も宿泊施設をおさえたりやらなければならない事が山積みです。

そんなことをしなくとも多摩モノレール立飛駅からもすぐの徒歩1分の距離で常夏の雰囲気が味わえますし、高い交通費もかからないのでとてもお得な感じがします。

大人ならではの休日の楽しみ方も

西東京でもまるで都心のように便利に暮らしたいという人もいますが、逆にしっとりと大人な毎日を楽しみたいという人もいるものです。調布市エリアは昔から水が美しいことでも有名で、とくに門前町あたりはあちこちにそうしたせせらぎが見られます。

そして関東の中でも屈指の古刹といわれる深大寺があるのが最大の魅力でしょう。周りはまさに武蔵野ならではの雰囲気を味わえて緑がたくさんのとても落ち着いた美しい環境となっています。

お寺の荘厳さもさることながら昔ながらのお茶屋さんがあったり、緑の元を流れる小さな川があったりなど、ゆっくりと歩いているだけでも時間が過ごせる素敵な場所です。深大寺といえば、実はビールやお蕎麦も有名ですので、お休みの日に仕事のことを一切わすれてぶらぶら散策するという大人な過ごし方もできます。

また、お寺からだいたい歩いて10分のところには日帰り温泉施設もあるので仕事の疲れを癒す休日のしめくくりにももってこいでしょう。こちらは黒湯というお湯が特徴で、文字通り真っ黒い色をしている天然の温泉となっています。

 

理想的な注文住宅を考えたとき、わたしたちは家そのものばかりに囚われがちかもしれません。ライフスタイル全般を考慮して、どんな時間を家族と過ごしたいかによって好ましいエリアも変わってきますから、今一度家そのもの以外のことも家族と話してみると良いでしょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
一条工務店の画像
住まいの友和の画像
第5位 カツマタ
カツマタの画像
記事一覧