西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

注文住宅と建売住宅の違いって何?

住宅の購入は決して安い買い物ではありません。

まずは家族でどのような家づくりをしていくかについて、話し合いの場をつくりましょう。

その中で理想が見えてきたら、それをカタチにしてくれる業者探しをはじめることが先決です。

 

家族のライフスタイルに合う家づくり

住宅の購入についてじっくり考えられる機会はあまり多くはありません。出産や転勤などは大きなチャンスとなります。

特に一戸建て住宅の購入では種類や地域など多くの選択肢の中から、自分に合う住まいを絞り込んでいかなければなりません。しかし殆どの人がどのような基準で選べば良いのか分からずにいるのが現実です。理想的なマイホームを獲得するためにも、まずは家づくりの基本的なことから学んでいきましょう。

住宅の購入で最後までネックになるのが予算についてです。それなりにお金を持っている人のほうが選択の幅が広くなるのは事実です。しかし大切なのは家族の安全と健康を守り、ライフスタイルに合う家づくりをすることです。

最初からあまり条件を限定せずに、理想の家づくりについて家族そろっての話し合いができるよう心がけましょう。まず一戸建て住宅には2種類あるので、それぞれの違いや特徴をきちんと理解して選ぶことが必要です。

 

それぞれのメリットや特徴を知ることが必要

新聞の広告などで目に付きやすいのが建売住宅です。このタイプの住宅は大量仕入れや流通経路の見直しなど徹底したコストダウンが図られているので、比較的手の届きやすい価格設定で売られています。

大規模な造成地だと10棟から100棟以上も建ち並ぶこともあります。このような住宅は、完成された状態で売りに出されることが多く、綺麗な街並みが形成されます。しかし家の外観や仕様は流行のデザインではあるものの、基本的にどれも同じなので、購入時の選択の余地はあまりありません。

そして建売住宅を選ぶなら、できるだけ多くの物件を見学することが肝心です。現地では、駅やバス停など交通機関や幹線道路までのアクセスについてチェックします。さらに災害時のことを考え、河川や湖沼との距離や堤防の有無などについてもきちんと確認しておいたほうが無難です。

そして建物の図面を見て分からないことがあれば、遠慮せずに営業スタッフに質問しておきましょう。内覧で手を加えて欲しい部位があれば、申告して修繕してもらうことができる場合があるからです。

契約から引渡しまでには約1ヶ月位なので、直ぐにでも入居したい人にはおすすめです。しかも建売住宅は1年を経過すると新築住宅としては売れなくなることから、時期によっては値引き交渉に応じてくれるというメリットがあります。交渉ではあまり欲張り過ぎないのがポイントなので、約5%を限度に交渉してみましょう。

一方、注文住宅は、建売住宅とは違い間取りや外観のデザインなどを自分で選ぶことができます。自由設計のメリットを生かした世界に1つしかない自分だけの家づくりができるのが大きな魅力です。

そして注文住宅は多額の費用がかかると考えている人がいますが、必ずしもそうとばかりは言えません。できるだけコストを抑えながらも、高品質を維持した家づくりをすることも可能です。中には1000万円台で建てられるローコスト住宅を得意とする業者も存在します。

そして注文住宅の中でも注目されているのが、建材に自然素材を用いた健康住宅です。安価な合板や集合材を使用した建材を用いて建てられた住宅の中には、ホルムアルデヒドなどの身体に有害な物質を含むものがあります。中にはそれと気が付かずにシックハウス症候群に苦しまされている人も少なくありません。

注文住宅なら壁や床にヒノキなどの天然の無垢材を使用したり、壁に珪藻土を使うことでこのような症状を抑えることができます。しかもこれらの自然素材は調湿性があるので、年間を通じて快適に暮らすことができます。その他にも外断熱工法による省エネ住宅を選べば、高気密高断熱性により冷暖房効率の向上が期待できます。

このように注文住宅は建売住宅とは違いさまざまな種類があるので、理想に近づけるよう時間をかけてじっくり選ばなければなりません。特に土地探しからはじめる場合には、約1年以上かけて検討しなければならないケースもあります。

どちらを選んだら良いか迷う人は、まず家の規模や候補となる地域を参考にしながら、それぞれの相場価格を調べたうえで検討していきましょう。

 

実績と信頼のある業者に依頼しよう

念願のマイホームを獲得するには、一緒に考えてくれるパートナーの存在は欠かせません。西東京市内には数多くの優良業者が営業しているので、目的に合わせて選ぶことができます。

特に建売住宅を希望するなら、できるだけ多くの物件情報を得ることが必要です。建売住宅を扱う不動産会社の中には建築途中の物件を未公開物件として扱っている場合があります。

業者の開設するホームページからだけでは知ることのできない物件情報を得られるかもしれません。これらの物件情報を得られるよう積極的に業者へ足を運んでみましょう。

優良業者とそうでない業者を見分けるには、見学の際の営業スタッフの説明の仕方がポイントです。優良業者は各物件のメリットだけでなく、デメリットについても隠さず説明してくれます。

そして注文住宅で建てたい人は基本的にハウスメーカーか工務店に依頼することになります。いくつもの業者が関わる大手ハウスメーカーは比較的費用がかかりますが、高い信頼性があります。

一方、工務店の中には地元で長く営業している業者も多く、面倒見の良さにメリットがあります。しかし技術面で差が付くことがあるので事前に調べておきましょう。

そして注文住宅では原則として値引きはありません。完成までのミーティングの量やその正確さで満足度が決まってきます。コミュニケーションが円滑にできそうな雰囲気を持つ業者を選ぶのが得策です。

さらに近年の自然災害の猛威から建物の耐震性や耐久性に関心を寄せる人が増えています。どのタイプの家でも共通してどのような種類の工法で建てられているかを知っておくことが必要です。

 

家は家族の安全と健康を守ってくれる大切な存在です。新築一戸建て住宅には建売住宅と注文住宅があるので、目的を明確にして理想に近いものを選ばなければなりません。まずは各選択肢についての特徴について学んでおきましょう。

建売住宅は手頃な価格で購入できるので、憧れのマイホームを実現させるのも夢ではないです。しかし間取りやデザインを選ぶことはできません。一方、自由な発想で家づくりができるのが注文住宅です。しかも予算の振り分け方次第で費用を抑えて建てることも可能です。

どちらも信頼のおける業者を見つけて依頼することが必要です。そのためには、インターネットを活用して情報収集をしましょう。中でも口コミサイトは各業者についての情報源となります。

実際に住宅を購入した人の問い合わせから入居後のメンテナンスについてまでの貴重な体験談を知ることができます。日頃から口コミサイトで高い評価を受けている業者なら安心です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
第5位 カツマタ