西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

注文住宅の予算の決め方を知ろう

予算オーバーにならないためには、注文住宅の家づくりではどんな点に注意が必要なのでしょうか。

決め手となるのは、土地、建物にかかる金額のみならず、諸経費や税金、さらにはメンテナンスなどにもおよびます。

これらを知ることもポイントです。

 

土地の有無から考えてみよう

注文住宅で家を建てる人にとっては、お金が気になるものです。決め方として目安にしたいのは住宅金融支援機構が公表する平均建築費年収別の借入可能額です。多くの場合には、一括払いするケースは稀で、借入可能額がなんとなくシミュレーションできれば、注文住宅にかける予算のイメージがつきやすくなります。

まずは、西東京エリアに土地の購入があるという前提での建設費の相場ですが、西東京エリアでは2,364万円です。一方、土地の購入がないという前提での建築費の相場ですが、3,936万円です。このように、土地がすでにある場合には土地を購入する費用を必然的に注文住宅の家づくりのほうにあてることができるのです。なので決め方の1つとして、土地の有無が挙げられます。

では、土地代を除いて、建築費を考えてみましょう。むかし、マイホームの価格は公的融資がメインだったことから年収の5倍ともいわれていたそうで、銀行の融資も個人より企業メインでした。

現在は、住宅ローンの金利も低い水準ですし、変動金利の低い銀行を調べてみれば、0.447%から0.757%です。むかしの、企業メインであったときの金利は、住宅金融公庫で5.50%、銀行の変動金利が8.285%でした。この金利差から察するに、親世代の資金の調達も頭を悩ませる問題であったのではないでしょうか。家が財産・資産と考え、売却をしないこともなんとなくわかる気がしてきます。

このことからも、決め方としては、年収のなん倍という考え方ではなく、毎月いくらなら住宅ローンを返済できるかといった視点で建築予算を考えるほうがいいようです。

 

決め手は資金計画というプラン作成

限りある予算での家づくりでも、理想のデザインで家をつくりたい、そんな要望に努力を惜しまないのが、西東京エリアで活躍する住宅メーカーです。手っ取り早く決め方を知りたいのならば、専門家に教えてもらいましょう。

例えば、坪単価表示において家づくりにかかる費用をトータルで表示する【引き渡し価格】をあげることができます。ちなみに、それぞれの工程の専門家が集結していることにより、注文者の意図が現場にダイレクトに伝えられるので、原価も削減できるそうです。価格は抑えても構造にこだわり、いろんな付加価値のある家の提供をモットーにしている、そうした住宅メーカーもあります。

西東京エリアに土地の購入がないのならば、まずは土地を購入してから注文住宅で家を建てなければなりません。土地探しから相談にのってもらえるのは心強く感じる要素ではないでしょうか。土地から探すのならば、全体の資金計画を見据えながら決めていかなければなりません。

たとえば、希望の予算が4,000万円から4,500万円の場合、逆算して、土地の予算を2,000万円基準とします。あとはどの程度まで家づくりにこだわるのか、希望や要望を考えて決めるそうです。もちろん、契約するまでのこうした相談からプラン作成、見積りなどはすべて無料でおこなってくれます。

ちなみに、家の形状にあてはめるのではなく、注文者のライフスタイルに家をあわせる、これは当然のことなのですが、初めての家づくりには難しさがあります。寝室やこども部屋、客間も必要、コレクションルームも欲しいし、ユーティリティーもしつらえたい、といった中身が必要になります。せっかく建てるのであれば、住まいかたもプランも自由、そうした我流の相談にのってくれる住宅メーカーを選びましょう。

 

ファイナンシャルプランナーに相談しよう

専門家いわく、予算の決め方で重要なのは計画という内容でした。では、注文住宅で家を建てるとき、建築費用を下げるポイントも知っておきましょう。

土地を購入したのならば、いよいよ注文住宅の家づくりがスタートしますが、【本体価格】という点に注意も必要です。というのは、総工事費用の約70%がこの本体価格になるのですが、意味をはき違えている注文者もいらっしゃいます。本体価格というのは、建物のみの価格です。

引き渡しとなり、そこで生活をするのならば、電気やガス、水道が必要です。本体価格にそういった付帯工事の費用をプラスしなければなりません。ですから、全体の資金計画が必要不可欠なのです。おおよそ30%が加算される仕組みですが、その付帯工事(費用)にはどのようなものがあるのでしょうか。

おおまかに、地盤の強度を調査し、地盤が軟弱な場合には強化する工事も必要になるかもしれません。さらに、理想的な家づくりにおいては、外溝工事も必要でしょう。駐車場や門扉、玄関までのアプローチもおしゃれにしたり、エクステリアやインテリアにまでこだわるのならば、予算を削る部分を考えて計画することも大切になりそうです。

決め手となるのは、形が複雑になればなるほど費用がかさむということです。デザイン費というだけでなく、正方形か長方形か、形状によって材料費が少なければ抑えられるでしょう。

決め方の代表例となるのは屋根の形状で、屋上があるよりなし、片流れ屋根にする、こうした決め方もあるようです。もちろん、屋上を設置したとしてもその形状次第で注文住宅の建築予算を抑えることはできます。

耐候性や耐久性もポイント、太陽光発電システムを採用したい、こうした注文者もいるでしょう。屋根にパネルを敷き詰めるにも、材料費、工事費用がかかります。設備などに関しても、高性能であればあるだけ、費用もかかります。

決め方の1つに、性能そのものも関わっているのではないでしょうか。標準装備で十分に機能しますが、耐震性や耐火性、遮音性を高めるのならば、安心や安全は約束されますが、それだけに費用がかかることは知っておきましょう。また、お金のことは誰しもが気になる内容で、相談できる住宅メーカーを選びたいものです。

おすすめは、ファイナンシャルプランナーがいる注文住宅メーカーに相談から注文依頼をするということです。西東京エリアの土地、建物関係の費用だけでなく、ローン手数料や税金問題もあります。

さらに土地があって、なおかつ、建て替えの場合には建築期間の仮住まい費用も考えなければなりません。もちろん、家族構成によって自己資金がどれくらいつくれるのかが異なりますし、返済能力なども加味しなければなりません。

予算の決め方は十人十色、なににこだわり、なにを省くのかが異なります。建て替えならば、土地購入費は0円でも、建物の解体費が必要ですし、仮住まい費や植木移植費などもかかります。そうしたことを相談できるのはファイナンシャルプランナーがいる住宅メーカーです。

 

西東京エリアに、注文住宅で家を建てるのであれば、頭金を用意したり、いろいろな費用がかかります。どれだけお金を用意しておけばいいのか、決め方を知ることは返済にも繋がるため、重要視すべきです。

もっとも手っ取り早いのは、住宅メーカーに決め手をアドバイスしてもらったり、任せることです。土地がないよりあるほうが費用も抑えられます。また、形にこだわることより、生活にこだわることも大切なようです。

デザイン性と機能性、こだわればこだわるだけ、オーバーしがちなので、専門家のアドバイスが必要になりそうです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
第5位 カツマタ
記事一覧