西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

注文住宅を建てる前に知っておきたいこととは?

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/05/22

住宅の購入では、数ある選択肢の中から絞り込んでいく作業をしていきます。

まずは住みたいと思う家をカタログなどでピックアップしてその種類と特徴を調べながら理解を深めていきましょう。

その際、できるだけ家族との話し合いの場を作るよう心がけます。

住まい選びで最も重要なのは、家族の健康と安全です。

 

家づくりの基本とは

西東京エリアは意外にも観光スポットが多く自然にも恵まれていることから、人気のある地域です。この街で暮らしたいと考える人も多いことでしょう。

しかし住まい探しとなると、条件に合う物件を見つけるのは容易ではありません。そのような場合には、注文住宅という選択をするのも良い考えです。家づくりは人生の大きなイベントの1つです。

できるだけ理想に近いものが建てられるようにしたいものです。しかし具体的に何からはじめて良いのか、わからない人も多いのではないでしょうか。

家づくりについてきちんと理解していないまま話しを進めてしまうと、理想とかけ離れた家となることも少なくありません。契約した後や着工後に気が付いても、やり直すには限界がありコストも余計にかかってしまいます。

そのようなことにならないためにも、注文住宅を建てるときには全体のイメージをあらかじめ把握しておくことが肝心です。全体のイメージを把握していれば、自分にとって何が理想の家なのか正確に判断できるようになります。

まずはじめに家を建てる目的について自分なりに考えておきましょう。家族構成やライフスタイルを考慮しながら間取りや内装を選んでいきますが、ポイントとなるのはあまり細かい所まで意識し過ぎないことです。

最終的には専門家のアドバイスを受けて修正していくので、最初はざっくりとしたイメージで十分です。例えばアレルギー体質の人がいるので、健康には気を遣いたいとか、子供が走り回れる安全な環境にしたいといった希望は、家づくりの方向性を決めるうえで大変重要です。

見た目の良さや価格が安いという理由だけで決めてしまうと、後で後悔することになりかねません。これらの手順は入居後の満足度に大きく影響してくるので、考えを整理しておきましょう。

 

無理のない資金計画で理想的な家を建てよう

注文住宅にはいくつかの種類があります。一般的に注文住宅といわれるものには、フルオーダー型とセミオーダー型があります。それぞれの特徴を十分に知ったうえで目的に合うものを選んでいきましょう。

まずフルオーダー型では外装や内装で使用する建材の全てを自分で選ぶことができます。家づくりに特別なこだわりがある人にとっては、魅力的な選択肢となるでしょう。しかし何もかも自分で選ぶということは、それだけ手間がかかるということです。費用も高額になりがちなことから、少々ハードルが高いと感じる人も少なくありません。

そしてセミオーダー型とは、外観や間取りを自由に決められるけども、細かい部分で仕様が決まっているというものです。規格化された製品を部分的に使用していくことで費用を安く済ませることができます。

はじめからどちらかに決めてしまうのではなく、より理想に近いものを選んでいきましょう。

注文住宅を選ぶということは、高額な費用を覚悟しなければならないと考えている人が多いかもしれません。しかし実際は、注文住宅といえども、幅広い価格帯で選んで建てることが可能です。

少しでも費用を押さえて建てたい人のために、1000万円台でのローコスト住宅を得意とする業者があります。このタイプでは、坪あたり30万円から40万円の計算になりますが、コストを削減するために家の外観はシンプルであることが基本です。そのうえでどれだけ趣味や趣向を家づくりに反映させていけるかがポイントになります。

さらに2000万円台から3000万円台の価格帯ともなれば、選択肢の幅がぐっと広がります。しかしあまり欲張って詰め込み過ぎると予算をオーバーしてしまうので注意が必要です。

そして住宅の購入では住宅ローンを組む人が殆どですが、計画性のある返済方法を選んでいきましょう。住宅ローンには金融機関によるものと住宅金融支援機構のフラット35がありますが、いずれもメリットとデメリットがあるのできちんと理解することが必要です。

どちらも勤め先の会社の大きさや勤続年数により借りられる金額が大きく変わります。あまり無理な借入れをしてしまうと生活が苦しくなり、何のために家を建てたのか分からなくなってしまいます。充実した生活でいられるよう余裕を持った住宅ローンを組みましょう。

 

土地についての制限と特徴をチェックしておこう

注文住宅なら狭い土地や日当たりの良くない土地でも工夫しだいで暮らしやすい家にすることができます。しかし土地を選ぶ際には、周囲の環境について調べるだけでなく法律的なこともきちんとチェックしておきましょう。

その土地の条により建てられる家の規模などが変わってくることがあるからです。用途や建蔽率、容積率だけでなく道路幅員制限などについてもあらかじめ確認しておくことが必要です。

そして近年の地震などによる自然災害の被害から、土地の安全性について関心を持つ人が増えています。各自治体が発行するハザードマップを見れば、浸水や土砂崩れなどのリスクについてかなり細かく記載されているので、土地選びの参考になるでしょう。

これらのことを十分考慮しながら依頼する業者を選んでいきます。一般的にハウスメーカーや工務店に相談することになりますが、あまりこれらの枠にとらわれず、各業者の得意とする分野と自分の理想が合うものを選んでいくことが大切です。

まずは気軽に近所の住宅展示場を訪れてみましょう。そこにあるモデルハウスがどのタイプなのか知るだけでも、家づくりに必要な知識を得られます。そして実際に話しが進んでいくと打ち合わせの回数が増えてきます。その際、コミュ二ケーション不足から思わぬトラブルが生じることも少なくありません。

建築技術に加え、営業スタッフとの相性なども理想的な家づくりを実現させるには大切な要素の1つです。それらについて詳しく知るためには、人気ランキングサイトや口コミサイトの評価を参考にするのが便利です。実際に注文住宅を建てた人の意見や感想を知ることができるので、業者を選ぶ際の判断材料となります。

 

憧れのマイホームを実現させるにも、建物や土地についての基本的な知識を知っておきたいものです。そして家族が安心して暮らせる理想的な家づくりをするためには、注文住宅が最適です。

しかし注文住宅といっても、ローコスト住宅から高額な高級住宅までさまざまな種類が存在します。理想に少しでも近づくためには、自分の家づくりに対する目的を明確にしたうえで親身になってくれる業者を見つけることが必要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
一条工務店の画像
住まいの友和の画像
第5位 カツマタ
カツマタの画像
記事一覧