西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

注文住宅で理想のお風呂を作ろう!

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/10/21


住まいの中で浴室は毎日使用する場所であり、一日の疲れを癒す重要な場所です。浴室を自分でデザインする場合には、使いやすい浴室になるようなポイントを押さえることが重要です。ここでは注文住宅をこれから建設する予定のある人のために、理想のお風呂を設計するためのポイントについて、まとめて紹介します。

注文住宅でお風呂を作る場合の面積や場所

注文住宅で理想のお風呂を建設するために、まず考えておかなければいけないのは、浴室に使用できる住宅内の面積です。住宅を建設する土地の広さによっても、建設できる浴室の広さは変わりますが、広さに余裕のある土地に住宅を建設する場合には、浴室を建設するための面積も広めに確保できます。

狭い土地に住宅を建設する場合でも、工夫することで浴室の面積を広めにとることができ、住む人が快適に使用できる浴室を作ることができます。他の部屋とのバランスをとりながら、家族にとって最適なサイズ感の浴室をデザインしましょう。

また、家族の中に必ずバスタブに浸かって入浴する人がいる場合には広さを重視する、全員がシャワーのみで済ませる場合には小さい間取りとするなど、家族の生活スタイルに合わせた設計を行うという手もあります。また、家の中のどの場所に浴室を建設するかということも、注文住宅を設計する場合には重要なポイントになります。

毎日使用する場所なので、家族の誰もができるだけ使用しやすい場所に浴室を設計することで、快適に暮らせる理想的な家となるでしょう。住宅の中のどの場所に浴室があれば利用しやすくなるかは、そこに住む家族の構成によっても異なりますが、一般的には建物の二階よりも、一階に設置したほうが、誰でも利用しやすい便利な浴室になります。

とくに家族の中に高齢者がいる場合には、二階以上の場所に浴室があると、移動する際に階段の上り下りが不便になる場合も多いので、一階に設置したほうが、気軽に利用しやすくなります。浴室を設置する場合には浴室の周囲の施設もこだわったほうが、より使いやすい浴室を作ることができます。

とくに、浴室を利用する際にあると便利なのが脱衣所です。脱衣所が広ければ、着替えをするときも非常に便利で、親子で入浴する場合にも、お風呂に入りやすくなります。脱衣所を快適に使用できるようにするためには、温度調節ができる設備を設置するのが最適な方法で、気温が下がる冬場でも、寒さを気にせずに、服を脱ぎ着できます。土地が狭くて、浴室に使用できる面積が限られている場合には、脱衣所を設置せずに浴室を作ることも可能で、脱衣所がない分、浴室のスペースを広めにとることが可能です。

理想の浴室を作るための洗い場のデザイン

注文住宅で理想のお風呂を設計する場合には、お風呂内の各設備もこだわりを持って設計することが大切です。浴室の中でも使いやすさに大きな影響を与えるのが、体を洗うための洗い場です。洗い場には水が出る蛇口や、シャワーなどの設備を一通り設置しますが、どのような場所に設備を設置するかによっても、使いやすさに大きな違いが出ます。

子どもがいる家庭の場合には、シャワーの位置はあまり高くしないほうが、子どもが使用するときでも、体が洗いやすくなります。高齢者がいる家庭でも、シャワーの位置をあまり高くしないほうが使いやすくなるでしょう。

逆に、一人暮らしをしている人が、自分だけが使用する目的で浴室を作る場合には、自分の背の高さに合わせてシャワーを設置したほうが、毎日使うときにも便利です。水やお湯が出る蛇口の位置も、使いやすさに大きな影響を与えるポイントで、子どもや高齢者でも水を使いやすい位置に蛇口を設置したほうが、水を洗面器にためるときにも便利です。

浴室に使用する蛇口のタイプによっても使いやすさが異なり、蛇口を回して水を出すタイプの水道から、レバーを引いたら水が出るタイプのものまで、自分の使いやすいタイプのものを選んで、設置できます。蛇口をひねるのが面倒な場合には、センサーが設置されているタイプの蛇口を設置することも可能で、センサーの下に手を置けば、自動的に水が出てくるので便利な設備です。

洗い場に使用する素材に工夫することでも、建てた後の使いやすさが異なり、一般的に使われているのはタイルなどの素材ですが、汚れがつきにくく掃除がしやすいというメリットがあります。雰囲気のある浴室を作りたい場合には、洗い場に木材を使用することもできますが、タイル製の洗い場よりは、慎重な手入れが必要になります。

理想の浴室を作るためのバスタブのデザイン

バスタブのデザインも、理想のお風呂を設計するためには、こだわったほうがよいポイントです。バスタブの設計をするうえで、快適に入浴するためのポイントになるのがバスタブの広さです。バスタブの横の長さが充分でないと、お風呂に入って足を伸ばそうと思ったときに、足を伸ばしきれなくなってしまうので、膝を曲げた状態で入浴しなければいけなくなります。

身動きがとれないほどバスタブの容積が小さいと、気持ちをリフレッシュさせるためのお風呂が、逆にストレスになってしまうこともあるので、設計するときはバスタブを広めにしておいたほうが、ゆとりを持って入浴しやすくなります。家族が多い家庭にもバスタブが広いことにはメリットがあり、子どもと一緒に入浴する場合にも、親子でゆとりを持って入浴できます。

介護が必要な高齢者が入浴する場合でも、バスタブにゆとりがあったほうが、高齢者を介護しながら入浴しやすくなります。バスタブが広ければ、お湯を浅めに入れて半身浴をすることもでき、体の調子を整えることも可能です。

注文住宅ならば、快適性を犠牲にしてバスタブを小さく設計することもできますが、小さいバスタブならば少量のお湯でも、人が入れば水があふれるので、経済的に入浴したい場合には便利なデザインです。バスタブに使用する素材なども、入浴をしたときの爽快感を決める重要な要素で、木材を使用した浴槽を使えば、お湯につかりながら木のぬくもりを感じることができます。

バスタブの形状は通常の場合には、横に長い形のものが多いですが、注文住宅で浴室を設計する場合には、それ以外の形状のバスタブでも作ることも、業者に相談できます。全体が丸い形の大き目のバスタブを設置すれば、家族全員で入浴することもでき、家族のコミュニケーションをとるために、浴室を使うこともできるので便利です。

 

注文住宅で住宅を建設する場合には、お風呂も自分の好きなように設計できます。浴室を住宅内に設計する場合に、使いやすさに大きな影響を与えるのが、浴室を設置する場所です。建物の一階に浴室を設置したほうが誰でも使いやすい浴室になり、家族に高齢者がいる場合でも、階段をのぼらなくてよいので便利です。

浴室を設計する場合には、脱衣場の設計にもこだわったほうが、毎日の入浴がしやすくなります。脱衣場の面積が広いほうが、着替えをするときにも便利ですが、空調設備をつけておいたほうが、冬でも着替えがしやすくなります。

浴室内の設備で使いやすさに影響を与えるのがシャワーや蛇口の位置です。子どもや高齢者が家族にいる場合には、あまり高い場所に設置しないほうが、誰でも使いやすい浴室になります。バスタブなども快適に入浴するための重要な設備で、広さに余裕があったほうが、お湯につかったときにリラックスできます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
一条工務店の画像
住まいの友和の画像
第5位 カツマタ
カツマタの画像
記事一覧