西東京で注文住宅・新築戸建を建てたい方におすすめの工務店やハウスメーカーを口コミや評判ともにランキング形式でご紹介!

注文住宅のエアコンは後付けの方がいい?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/05/07

エアコンは、建築時ではなく完成したあとで取り付けることもできます。こちらではエアコンを付ける場合、建築時に一緒に取り付けてもらったほうがよいのか、後付けのほうがよいのかについて説明していきます。どちらがよいのかは、考えや環境や予算によって異なるので、建築時と後付けの特徴を知ったうえで取り付けてもらうことをおすすめします。

完璧さを求めるのなら建築時がおすすめ

注文住宅を建てるのなら、内装や外装など建物に関するいろいろな夢を叶えようと思うでしょう。そのため、建築事務所や工務店の方とたくさん話をして、希望を叶えてくれるように仕事を依頼するはずです。そして、より完璧な住まいを求めているのなら、インテリアや家電などにもこだわりたいと考えているかもしれません。

そのような考えを持っている場合は、建築時に取り付けてもらったほうが満足できる可能性が高いです。なぜならば、建築時にやるのがベストなことがいろいろとあり、後からやろうと思うと時間も費用もかなりかかってしまうからです。

まず、建築時にエアコンを購入する場合、選択肢が多くなることに注目をしましょう。一般的にエアコンは、部屋の壁の上部に取り付けてあるものを思い浮かべるかもしれません。たしかに、後付けするのなら、いわゆる壁掛けタイプの製品を購入することになるでしょう。家電量販店で売られている製品は壁掛けタイプがほとんどで、窓に取り付けられるタイプが少しあるくらいです。

しかし、建築時に取り付けてもらうのなら、ビルドインタイプの製品を選択することも可能になるのです。ビルドインタイプとは天井に埋め込めるように作られた空調機器で、部屋の中をスッキリとさせられるので人気になっています。

インテリアや家具にこだわっているのなら、見た目をスッキリさせられるビルドインタイプは願ったり叶ったりのはずです。どのような見た目になり、どのような機能を持つか調べてみて、気に入ったのなら建築時に取り付けてもらうことを考えましょう。

ちなみに、ビルドインタイプも後付けができますが、壁掛けタイプのように気軽におこなうことはできません。それなりの規模のリフォームが必要となるため、後付けは考えないほうが無難でしょう。

そして、建築時に取り付けてもらうと、配線工事を完璧におこなってもらえることもメリットです。もちろん、後付けでも配線工事は完璧におこなってくれますが、それはきちんと使えるという意味で、見た目としては完璧とはいえないでしょう。

なぜならば、取り付ける場所やコンセントの箇所など、いろいろな条件があるうえで、配線をおこなわなければいけないからです。場合によっては完成したあとに、見苦しい見た目だと感じてしまうこともあるでしょう。

注文住宅なら取り付ける場所を考えたうえで、自宅を設計してもらうことができます。コンセントの位置も自由自在に変更可能なため、見た目も満足できる取り付けをしてもらえるはずです。

さらに、自宅の環境に合った機種を提案してもらえるのも、メリットといえるでしょう。空間の広さや機密性などを考えたうえで、どのようなものを導入すれば効果的に冷やしたり暖めたりできるか考慮してくれるので、いつでも快適に暮らすことができるようになります。

安さを求めるのなら後付けがおすすめ

建築時にエアコンを取り付けてもらうと、どうしても高くなってしまうため、予算をオーバーしてしまうこともあるでしょう。そのときは、注文住宅が完成してから、別途自分で安く購入して、取り付け工事も安くおこなってくれる業者を探すとよいです。

エアコンを購入するときは取り付け工事も一緒に頼まなければいけないと考える方もいるでしょう。たしかに、一貫して作業してもらえるその方法が一番楽なのですが、値段が一番安くなるわけではありません。安さを求めて後付けを選ぶのなら、本体の購入と取り付け工事は別々にすることをおすすめします。

インターネットショップでは取り付け工事なしでエアコンが安く売られているので、最安値のところを選んで購入しましょう。ただし、機種は自分で選ばなければいけないため、住まいの環境を考慮したうえでベストなものを選ぶ必要があります。メーカーのホームページには製品の性能紹介が載っているので、それを参考にすることをおすすめします。

そして、取り付け工事だけをおこなってくれる業者もあるため、近所で仕事を依頼できるところを探してみましょう。建築事務所や工務店よりも安いのはもちろん、家電量販店で頼むよりも安いところが見つけられるはずです。

もしも、本当に後付けのほうが安いのか知りたいのなら、建築時に取り付けてもらうときと比較をするとよいでしょう。注文住宅を建てるのなら見積もりをしてもらうはずなので、取り付ける費用を詳しく教えてもらうとよいです。

後付けのほうの費用は同じような機種をネットショップで探して、その金額に業者の取り付け代金をプラスすれば知ることができます。ハッキリとした金額を教えてもらえるので、どちらが安くなるのか簡単に費用の比較をおこなえます。

ちなみに、さらに安値を求める方は、業者にすら頼まずに自分で取り付けることを考えるかもしれません。しかし、穴開け作業や配線作業は素人では難しいですし、取り付けるために必要な専門のアイテムを購入する必要があります。したがって、多くの場合は業者に頼んだほうが安くなる可能性が高いので、自分で取り付けるのは考えないほうが無難でしょう。

後付けするのなら時期を考えること

後付けでエアコンを取り付けてもらおうと思っているのなら、業者に頼む時期をきちんと考慮しなければいけません。建築時に取り付けてもらうのなら、注文住宅を完成させるための作業として組み込まれているので時期はまったく考えなくてもよいでしょう。

しかし、後付けする場合は引っ越しシーズンや夏を避けなければ、希望する時期に取り付けてもらえない可能性があります。引っ越しが多くなる時期や暑くなる夏は、取り付けて欲しいという方が急増して、業者の予定がいっぱいになってしまうからです。

そのため、後付けして欲しいと考えて、業者に連絡をしてもすぐに対応してくれず、しばらくの間エアコンなしで過ごさなければいけない事態もあり得ます。せっかく素晴らしい住まいができたのに、温度のせいで困ったことになったのなら後悔してしまうでしょう。

したがって、建築時に取り付けてもらうか後付けにするか悩んでいるのなら、注文住宅が完成する時期も考慮するようにしましょう。完成する時期が業者が混む時期と重なるようならば、後付けしてもらいたいときは、できる限り予約を早くおこなうようにしなければいけません。

 

エアコンを取り付けてもらうとき、見た目や配線のことを考えるのなら建築時を選び、安さを考えるのなら後付けを選ぶのがよいでしょう。ただし、機種によって空調の性能はそれぞれ異なるので、どのような方法で取り付けてもらうとしても、しっかりとした選定をおこなうことが大切になります。

すぐに買い換えられるほど安価な値段ではありませんので、自宅に合ったものをしっかりと選び、納得できる方法で完璧に取り付けてもらいましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
西東京の注文住宅メーカーランキング!
第3位 一条工務店
一条工務店の画像
住まいの友和の画像
第5位 カツマタ
カツマタの画像
記事一覧
【エリア別】おすすめ工務店・ハウスメーカー5選